ここから本文です

自分の父がパイロットということもあり卒論で航空関係について書こうと思ってます...

zbf********さん

2020/5/2113:40:51

自分の父がパイロットということもあり卒論で航空関係について書こうと思ってます。パイロット不足に重点を置いて書いていこうと考えているのですがテーマが決まりません。アドバイス頂きたいです。

閲覧数:
45
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2020/5/2310:34:50

おいおい、せめて何学部かくらいは書いてくれよ。そうでないと何もアドバイスできないでしょ?

文学部…パイロットの心理を扱った作品について書く
経営学…パイロットの養成について、自社養成がスカウトのどちらがいいか分析
経済学…パイロットの所得と需給関係について国際比較

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2020/5/2119:20:18

昨今の騒動でパイロットが大量に余るとは思いますが、、、、、

去年までとして、
なぜパイロットになりたい人が日本では溢れているのに
パイロット不足と騒がれるのか?

この原因を探ってみれば、問題点も分かれば
パイロットになりたい人の参考になると思いますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

rum********さん

2020/5/2116:50:00

最初の回答者の方がズバリ正解を書かれていますね。どうしてお父上に訊かないのですか?まあ、皮肉はこの辺で、折角ご質問を見たので...。パイロット不足は元々、大手エアラインが1950年前後から少しづつ便数や路線を広げだしてから恒常的に続いていますが更に弱小エアラインの増加や近年のLCCの出現で世界中で必要なパイロット数補充が追い付かなくなっています。大手エアラインの定年を迎えた連中を弱小、LCCが採用する一方、大手エアラインも自社養成も含めて補充に努めますがそれくらでは追いつかないのが現状です。外国籍のパイロットも日本のエアラインの給与が魅力でやって来はしますが技量等の厳しい審査もありすんなり採用とはなりません。日本でも航空大学校だけでは養成数が少ないので東海大学などにそういう養成目的の学部が出来始めました。ですからLCCなども含めたエアラインの増加、路線や便数の増加などで必要パイロット数が増加します。また、路線に対する機材の選定(沢山の旅客がその路線を必要としているか?そうなら大きな機材、それほどでもない旅客がその路線を使用するならその旅客数に見合った機材)を選定するとその機材の操縦資格を持ったパイロット或いは資格取得能力のあるパイロットを採用し養成することが必要になります。それと新たなテーマ、今回のコロナの影響でBAは既に12,000名の削減を始め、多くのエアラインが一時的にも乗員を含む従業員の削減をやりはじめています。コロナ騒動の収まりに従ってそれら従業員の再雇用なども問題になります。今回のコロナによる大打撃はエアラインが出来て以来最大のものです。そういうことも含めて考えて下さい。図書館に行けば結構大量の情報が得られるはずです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

azus1113さん

2020/5/2114:00:36

>テーマが決まりません。アドバイス頂きたいです。
→「お父さんに聞け」というアドバイスをします。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる