ここから本文です

新型コロナウイルスに関係する可能性のあるQ&Aです

主要ニュース、発生状況、受診の目安など最新情報をまとめています。新型コロナウイルス感染症について詳しい情報をお知りになりたい場合、ご確認ください。

新型コロナウイルス感染症 最新情報まとめ

記事の中に 「大きな地震はいきなり本震というのはまれで、本震前に中小規模の地...

レシピさん

2020/5/2407:14:45

記事の中に
「大きな地震はいきなり本震というのはまれで、本震前に中小規模の地震が起きます。」
とありますが、
本震前の中小規模の地震が起きて何日後までに本震の地震が起きるのですか?

20日の群発地震がそれにあたるとするならば、
何日まで警戒すればよいですか?


東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍のさなか首都直下地震の足音
https://news.yahoo.co.jp/articles/4561f18be219e0c0760f39fe4bf1b8427...

閲覧数:
35
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2020/5/2523:15:31

個人的な体験ですが、1/17の阪神大震災があったとき、11月くらいから小さな地震が度々ありました。「大きな地震がくるのかしら」と不安に思って言うと、家族が「関西に地震なんかこないよ」とお気楽に答えたことが忘れられません。・・・幸いに家も人も我が家は無事でしたので、こんな書込みしてますが・・・亡くなられた方には心からお悔やみ申し上げます。結論:つまり群発のあと、3か月くらいは注意したほうがいい、と思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

nvw********さん

2020/5/2408:41:47

【記事の中に「大きな地震はいきなり本震というのはまれで、本震前に中小規模の地震が起きます。」とありますが、本震前の中小規模の地震が起きて何日後までに本震の地震が起きるのですか?・・20日の群発地震・・】(レシピさん→)


・記事は「東京湾」の地震ですが、・・「群発地震」ではないと思います・・

「群発地震」なら、・・気象庁は・・
『・・一方、群発型の特徴は、地震回数に着目するとその始まりは少なく、次第に多くなって活発となり、その後活動の消長を繰り返して次第に収まること、また多くの場合、最大の地震は活動の最初ではなく、活動期間の活発な時に発生していること、そして、最大の地震のマグニチュードと次に大きい地震のマグニチュードの差が一般的には小さいこと(下の例ではM5.7と5.3でその差が0.4)もあげられる。

本震ー余震型の場合は、余震の活動域(余震域)がほぼ本震の際に断層運動が生じた範囲を表すのに対し、群発型の場合に地震が起こっている領域(活動域)は、必ずしも最大地震の震源域(断層運動の領域)を表していないことも注意が必要である。・・』
としか言ってませんので、「何日後までに本震の地震」が起きるのかは分かりません。

「岐阜県飛騨地方」の場合、「最大の地震」は今のところ
「2020年5月19日13時13分:岐阜県飛騨地方:M5.3:震度4:5月19日13時16分 (北緯36.3度、東経137.6度:高山市奥飛騨温泉郷神坂,焼岳北8km)で、震源の深さは約10km
AQUA:2020-05-19 13:13:02 岐阜県飛騨地方 36.3N 137.6E (深さ)4km (M)5.2:(北西-南東 圧力軸 横ずれ)」
になるのでしょうか。


・「東京湾」の地震

「2020年5月21日14時00分:東京湾:M2.9:震度1:5月21日14時03分 (北緯35.5度、東経140.0度:姉ケ崎駅沖合北西)で、震源の深さは約20km
2020年5月21日03時05分:東京湾:M3.1:震度1:5月21日03時08分 (北緯35.5度、東経140.0度:姉ケ崎駅沖合北西)で、震源の深さは約20km
2020年5月21日02時07分:東京湾:M3.5:震度2:5月21日02時10分 (北緯35.5度、東経140.0度:姉ケ崎駅沖合北西)で、震源の深さは約20km
(資源リスト:2020 5 21 02:07 12.6 35°32.2'N 139°58.2'E (深さ)17 (M)3.5 東京湾:姉ヶ崎駅沖合北西)
2020年5月21日01時49分:東京湾:M2.6:震度1:5月21日01時52分 (北緯35.5度、東経140.0度:姉ケ崎駅沖合北西)で、震源の深さは約20km
2020年5月20日15時00分:東京湾:M2.9:震度1:5月20日15時03分 (北緯35.5度、東経140.0度:姉ケ崎駅沖合北西)で、震源の深さは約30km
2020年5月20日14時54分:東京湾:M2.9:震度1:5月20日14時56分 (北緯35.5度、東経140.0度:姉ケ崎駅沖合北西)で、震源の深さは約30km」



「2020年5月22日06時29分:東京湾:M2.9:震度1:5月22日06時33分 (北緯35.6度、東経140.0度:稲毛海浜公園沖合西南西)で、震源の深さは約40km
(震源リスト:2020 5 22 06:29 33.9 35°39.0'N 139°59.9'E (深さ)32 (M)2.9 東京湾:習志野茜浜(あかね浜)緑地沖合南)」

とは、震源が違います。・・最近の「東京湾」地震、全てを「群発地震」とは言えないのでは・・


最近(ここ約10年間)「東京湾」での地震(震度1以上)は

「検索条件
地震の発生日時 2010/01/01 00:00 ~ 2020/05/22 23:59
震央地名 東京湾
検索結果
地震回数の集計 : 年別回数
震度別地震回数表
期間 震度1 震度2 震度3 震度4 震度5弱 震度5強 震度6弱 震度6強 震度7 :合計
2010年 3 0 0 0 0 0 0 0 0 :3
2011年 22 8 4 0 0 0 0 0 0 :34
2012年 5 0 1 2 0 0 0 0 0 :8
2013年 3 0 1 0 0 0 0 0 0 :4
2014年 4 0 0 0 0 0 0 0 0 :4
2015年 9 4 0 0 1 0 0 0 0 :14
2016年 1 3 0 0 0 0 0 0 0 :4
2017年 3 0 1 0 0 0 0 0 0 :4
2018年 5 1 1 1 0 0 0 0 0 :8
2019年 3 1 0 0 0 0 0 0 0 :4
(2020年 7 1 0 0 0 0 0 0 0 :8)
合計 65 18 8 3 1 0 0 0 0 :95 」
気象庁[ホーム > 各種データ・資料 > 震度データベース検索]<http://www.data.jma.go.jp/svd/eqdb/data/shindo/index.php>

です。震度0でしたら、数日に1度は。「震央地名 東京湾」って、三浦半島近くまでです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2020/5/2408:36:12

>「1923年からの地震データベースを作っていますが、今回のような東京湾での6回もの群発地震は初めてです。フィリピン海プレートと北米プレートの境界で起きているようです。大きな地震はいきなり本震というのはまれで、本震前に中小規模の地震が起きます。20日からの群発地震は、巨大地震の前震である可能性は否定できません」

前震のあった東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)のほうがまれです。

立命館大特任教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)が本当に言ったとすればただのバカです。

活断層型の内陸地震はいきなり起こるほうが圧倒的に多いです。

日刊ゲンダイと夕刊フジの記事通りに大地震が起こってれば、
もう東京は30回は破壊されています。

駅売りの夕刊紙は一日のお仕事に疲れたサラリーマンの娯楽だと思って下さい。
「へ~東京湾の地震は大地震につながるんだ、気を付けなきゃ!」程度です。

>フィリピン海プレートと北米プレートの境界
これも怪しくて、さらに太平洋プレートの潜り込みも絡んでいます。

プロフィール画像

カテゴリマスター

pse********さん

2020/5/2407:18:10

ウソなのでこの記事のことは忘れましょう。近い場所で小さな地震が続くことはよくあって、異常でも大地震の前触れでもないです。

立命館大学の高橋学先生ですね。地震の専門家ではないです。毎月大地震がくると言っている人です。簡単に言うとウソつきなので無視しましょう。

有名になりたいと思ったようで各雑誌に、私は地震の予測ができる、と売り込んだそうです。雑誌も地震が来るという記事を出すと売れ行きが伸びるのでそれを利用しています。そういうズブズブの関係です。

日刊ゲンダイの地震の記事は全部無視でいいと思いますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる