ここから本文です

企業価値の算出に詳しい方にご質問です。

goy********さん

2020/5/2517:45:41

企業価値の算出に詳しい方にご質問です。

まずは予想期間のFCF数年分をWACCで割り引いた金額に、
継続価値を現在価値に割引いてプラスすることになると思いますが、
予測期間が長ければ長いほど、
企業価値が高くなってしまう気がするのですが、
予測期間は大体何年くらいで計算するのが妥当でしようか。

本当に分からなくて困っております。

閲覧数:
8
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xex********さん

2020/5/2523:24:00

株式会社はGoing Concern永遠に続くものと想定されています。
そうでなければ信用が得られないからです。
そのためFCFも永遠に続くものと考えます。
継続価値もそれを前提で計算されています。

1年目のFCFをCF1、2年目のそれをCF2、3年目以降はCF3が一定で永遠に続くとします。
いずれのFCFも期末にあるとします。
すべてのFCFをWACCで割引いて合算すると企業価値になります。
3年目以降のFCFはすべて一定なのでそれをWACCで割引くと無限等比数列の和になるので無限等比数列の和の公式を使って2年目末基準でまとめるとCF3÷WACCとなります。
これが継続価値です。
結局、企業価値はCF1÷(1+WACC)+CF2÷(1+WACC)^2+CF3÷WACC÷(1+WACC)^2となります。

3年目以降のFCFが一定ではなく定成長率gで成長するとしたら同じく無限等比数列の和の公式を使って2年目末基準でまとめるとCF3÷(WACC-g)となります。
企業価値はCF1÷(1+WACC)+CF2÷(1+WACC)^2+CF3÷(WACC-g)÷(1+WACC)^2となります。

通常は、将来のFCFが精度良く読める範囲まではその予測に基づいたFCFを使い、それを超えた範囲からは上のとおり一定値を使ったり、定成長を使ったりします。
精度良く読める範囲はせいぜい数年だと思います。
それ以降についてはざっくりしたFCFを設定するしかないと思います。
そのあたりは経験からくるもんなんだと思いますけど。

これから分かるとおり、「予測期間が長ければ長いほど、企業価値が高くなってしまう」ということではないんです。
大事なのはどこまで精度良くFCFを読めるかです。

  • 質問者

    goy********さん

    2020/5/2815:23:41

    丁寧に説明いただき有り難うございます。納得できました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる