ここから本文です

すみません不快に思われる方がいらっしゃるかと思いますが客観的にご意見が言える...

アバター

ID非公開さん

2020/5/2618:27:33

すみません不快に思われる方がいらっしゃるかと思いますが客観的にご意見が言える方にお聞きしたいです。

一般的に社会的弱者に対して可哀想だと思わないで欲しいという風潮があるかと思います。確かに頭の中では理解出来るんです。そういう目で見られたくないのだと。
でも、思想って自由じゃないですか?心の中で可哀想だなって思うのもダメなんですか?勿論口に出すのはアウトだと思います。
そもそも、可哀想だという思いが無ければ公的手当などが当てられないと思うのです。
例えば例に出して申し訳無いのですが母子家庭に対する母子手当とか地域によっては学校の役員免除なんてありますよね?あれって周りが気の毒だと思ってるから手当が出たり負担が増えるから役員免除してる訳ですよね?

拙い文章で意図が伝わりづらく申し訳無いのですが、社会的弱者に対して可哀想だと思うことがそんなにいけないことなのでしょうか?
因みに母子家庭だけど手当を貰っていない家庭もあるとかそういった回答は結構です。理解していますので。あくまで一般論です。

閲覧数:
101
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ATOZさん

2020/5/2618:43:23

僕の感覚ですが、「弱者ゆえに」可哀想だと思われるのが嫌なんじゃないですかね。考えてみれば非常に機械的なカテゴリ分けで、「あぁあの人は弱者だ、きっと不幸せな生き方をさせられているに違いない、可哀想だなぁ」という発想に至ることがとても短絡的というか差別的に捉えられてしまうということなのかなと思います。

別に弱者じゃなくても可哀想な人もいますし、弱者で実際に可哀想な人もいると思います。その人それぞれに可哀想だというプロセスというか中身があって、それぞれ違うので、弱者だから可哀想だと一括りにされるのが嫌なんだろうという気がします。

それでこれってとても主観的な気持ちの問題で、もちろん当人にとっては大事なことなのですが、具体的にどんな公的扶助が与えられるかというのは少し別問題だと思います。なんというか、たしかに可哀想だという気持ちがあるから、そういう扶助が成り立つ面もあると思いますが、そもそも実行段階にあっては実行可能性の方が大きなウエイトを占めるようになっていて、それは行政の手腕だとかその時の経済状況だとか色々な要因が介在しますので、可哀想だからといって適切な扶助ができるとは限りません。僕らがどんだけ強い思いがあっても、それ以外の要因が数多存在するので、これを主観的な気持ちを入れて捌くというのは現実的でない考え方だと思います。

だから可哀想だと思うのは全く自由だと僕も思いますが、ただ可哀想だと思ったところで個人に出来ることは非常に限られています。それなのに可哀想だ可哀想だと言われても、当人たちはなんだかんだ差別意識を感じるだけで何もしてもらえないからイライラだけ募るんじゃないですかね。可哀想だと「意識的に」思う余裕があるなら、ぱっと反射的に可哀想だと感じた瞬間に行動に移せるのであればよいと思いますが...という感じですね。

作られた感情ってあると思います。「可哀想だと思うべきだ」みたいなきれいな道徳、そういうのがいやらしいんじゃないですかね。もっと生身で反射的な感情でもって可哀想だと思って共感してくれと僕なら言うだろうかと思いました。

アバター

質問した人からのコメント

2020/5/30 22:16:46

なんかとても納得しました。
ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

siosaiさん

2020/5/2621:05:22

「可哀想」等の同情心は、別に悪い事ではありませんよ。
誰かに、何か言われたのですか?

「同情」も怒りや悲しみと同じで、心情の発露の一形態に過ぎませんが・・
むしろ人間的な心情だと思いますし、欠如しているとちょっと問題です。

ただ、よく使われているようですが、「弱者」と言う表現はどうかと思いますよ。
「弱者」とは誰に対する弱者?・・とか、では誰をもって「強者」認定?と思います。
「弱者」ではなく、生活の上で「困り感がある」方と思います。
障害を持った方は、一般には弱者と言われる事が多いです。
確かに、普段の生活の中で様々に支援を必要とすると思います。
でも、一人一人をよく知ると、「弱者」とは少し違う・・と分かります。
障害に立ち向かう姿は弱者には見えませんし、むしろ強いと思います。
支援の方法を考え、支える方法を見付けたい・・とは思いますが、「可哀想」とはちょっと違います。
でも、一人一人に関わり知る前は、私も「可哀想に」と思いました。
知識も無く、外見(表面)だけが手がかりなら、ごく自然に湧く感情と思います。


>可哀想だという思いが無ければ公的手当などが当てられないと思うのです。

→これは、違うと思いますよ?
感情で、「公的資金の使い道を決める」なんて事はありません。
人の感情や感傷は、悪くはありませんが、客観的でも論理的でもありません。
現代社会ではあってはいけませんし、感情論で通る国策なんて危険過ぎます。(戦争が起こりそう・・ですよ。汗)
「可哀想だから」ではなく、根拠(基本的理念)は憲法にあります。
例えば、前文に「われらの安全と生存を保持」「恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利」とあります。
11条の基本的人権、14条の教育機会均等も根拠になっていると思います。(私は専門ではないので一般常識程度ですが、詳しい人ならもっと出せると思います。)


>母子家庭に対する母子手当とか地域によっては学校の役員免除なんてありますよね?
>あれって周りが気の毒だと思ってるから手当が出たり負担が増えるから役員免除してる訳ですよね?

→これも、ちょっと違います。
「母子家庭」を理由に役員免除は、聞いたことがありません。(そんなところがあるのですか?汗)
免除の方は、家族の病気、前年度経験済み、兄弟姉妹で別の役員を受けた場合等と聞いています。

Mehky43735さん

2020/5/2618:44:11

社会的弱者の方をかわいそうと思うのは、正直な気持ちであり悪いこととは思いません。

難しいのは社会的弱者がどこからを言うのかの基準が、人によって(その人の境遇や置かれている環境によって)違うということですね。
思われた側は、社会的弱者だと思っていない場合もあるからです。

自分から見てその人が社会的弱者だと思う場合、自分の境遇や置かれている環境に、謙虚に感謝の気持ちを持つことは大切だと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる