ID非公開

2020/5/27 20:51

22回答

黒川検事長が辞任し、東京高検検事長に林氏が就きました。二人は同期です。

黒川検事長が辞任し、東京高検検事長に林氏が就きました。二人は同期です。 また、稲田検事総長も同じくらいの年齢です。 さて、この3人とも東大法学部卒です。 各省庁でも東大色の薄い省庁と非常に濃い省庁があります。 例えば、財務省や、警察庁は今でも圧倒的に東大法学部です。 だから、警察という組織全体で見れば、下のほうは一般職ばかりですが、上のほうになってくるとキャリア組=ほぼ東大法学部一色、という図式かと思います。 そこで、質問なんですが、検察庁もやはり東大法学部一色でしょうか。 若狭氏は元検事ですが中央法学部卒で、黒川氏とは同期で40年来の知人でもあると言っていました。 つまり、検察庁は上層部は東大法学部一色で、それ以外は他大学もそれなりはいるのでしょうか。

ベストアンサー

0

Wikipediaの「検事総長」のページには歴代の検事総長の一覧が掲載されていますが、これを見ると歴代の検事総長はやはり東京大学法学部の卒業生が圧倒的に多数です。しかし、一部には京都大学法学部の卒業生もいますし、一橋大学・中央大学・岡山大学の卒業生も1人ずつ存在します。このことから、あなたのおっしゃる通り検察庁でも東大卒が出世しやすい現実はあるけれど、必ずしも東大卒だけが検察官に採用されるわけでもなく、また東大卒でなくても出世のチャンスはゼロではないことが分かります。警察ではノンキャリアの出身でも頑張れば署長ぐらいまでは昇進できますし、検察庁でも検事正(地方検察庁の長)ぐらいまでなら東大以外の卒業生もそれなりに昇進しているのではないかという気がしますよ。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:5/30 5:12

その他の回答(1件)

0

政治(家)と距離とは雀卓での話なのか、それともパチンコ店での話なのか。 ともかくベタ降りが一番良さそうだ。