ここから本文です

名探偵コナンについて。寿司屋の板前がラムだという説が有力らしいですが、じゃあ...

アバター

ID非公開さん

2020/5/3022:18:32

名探偵コナンについて。寿司屋の板前がラムだという説が有力らしいですが、じゃあ若狭先生の正体とされている浅香という人物はなんなのでしょうか?敵か味方?

閲覧数:
92
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2020/5/3111:07:50

浅香という人物は17年前にアメリカで起きた、当時将棋の四冠王だった羽田浩司と羽田のファンであり、資産家であったアマンダ・ヒューズが殺害された事件の重要参考人です。
当時、アマンダにボディガードがいたのですが、アマンダがその人物を「浅香(ASAKA)」と呼んでいました。そして、その浅香をアマンダが雇い入れた経緯は関係者や身内でも知らなく、謎に包まれた人物であります。また、羽田浩司殺人事件以降、姿をくらましていることから、事件の重要参考人として、行方を追われていますが、未だに確保できていない。
浅香の特徴として、
・「浅香」が本名なのか、本名だとして名字なのか名前なのかも不明
・男女の性別も不明だが「PUT ON MASUCARA」と書かれた手鏡を持っていたことから女と推測されている
・ボディガードであることから、格闘スキルは高い
・事件が17年前だったことから、それなりに年をとっていると思われる
・組織の人間の可能性もある(不確定)
・FBIらから17年間逃亡していることから、只者ではない
・羽田浩司とはアマンダを通して顔見知り
ということです。
羽田浩司が残したダイイングメッセージの「U MASUCARA」から当初、コナンと赤井は「ASACA=RUM」と推測していたが、浅香は「CA」でなく、「KA」のため、違うと判断した工藤優作により、このダイイングメッセージが「CARASUMA」を現していると推理された。このことからラムと浅香が同一人物である可能性は低い。
当時はこの浅香は「領域外の妹」と名乗るメアリーであるといわれていたが、メアリーは17前は妊娠していたため、別の人物である。そこで浮上したのが若狭留美である。
若狭=浅香と言われる根拠
・若狭先生が羽田浩司の遺品である将棋の駒を持っている事から、事件現場にいたと思われ、羽田浩司とも顔見知りでった浅香なのではないか
・羽田浩司の体にも防御層がったことから、犯人と一戦交えた可能性もあり、その際に右目を負傷した説
・本気の力を出すと男三人を倒せる戦闘スキル
・コナンを敢えて事件現場に連れて行ったったり、コナンにヒントを出したりと高い頭脳を持つと思われる。
浅香はコナン会でも特にナゾの人物で、敵か味方かも不明です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる