ここから本文です

毛細血管への血流について

voi********さん

2020/6/223:10:24

毛細血管への血流について

人間の先端部に存在する毛細血管は、一般的なイメージだと植物の根のようになって行き止まりになっているように見えるのですが、どのように心臓を中心とした血の循環に乗っているんでしょうか

閲覧数:
5
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bow********さん

2020/6/410:30:37

きちんと説明すると細かいですが簡単にイメージしやすく説明すると、心臓から送られる酸素が豊富な血液(動脈血)の血管が体の隅々に行き渡るようにどんどん細くなっていきます。体の隅まで酸素や栄養を届け終わるとその血液は静脈血となります。
動脈の毛細血管がそのまま静脈の毛細血管になるイメージといえばわかりやすいでしょうか。
動脈は中心から体の隅々に、静脈は体の隅々から中心へと戻りますので動脈の毛細血管が静脈の毛細血管になると静脈の毛細血管は合流していきどんどん太くなりながら心臓に向かいます。
心臓に着くと肺に送られ酸素を受け取ることで再び動脈血となり、心臓から体の隅々に運ばれるようにして血液は循環しています。
大切な点は、質問者様の言われている一般的なイメージのように心臓から送られる血液が、血管が細くなるにつれて体に吸収され最後は毛細血管になり行き止まりになるのではなく、体の隅々に行き渡るように細くなっているのであって血液自体は吸収されず、細い静脈から太い静脈になって戻ってくると言うことです。

質問した人からのコメント

2020/6/6 13:40:36

良くわかりました。やはり単純な行き止まりではなく、静脈に繋がってるんですね。ありがとうございました

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる