回答受付が終了しました

ID非公開

2020/6/3 21:41

33回答

中国ドラマで位が高い女性は2本爪が長いです。

画像
補足

追加でもう1つお願いいたします。 4.位が高い女性のほうが爪が長いのはなぜでしょうか?

2人が共感しています

回答(3件)

清朝時代は一番流行したそうです。宮殿内と外の女性、特に満州の貴族の女性は皆、長い爪を保つのが大好きでした。指にかけたネイルカバーは、現代のネックレスと同じように、頻繁に交換できます。貴族女子たちが豪華なネイルアクセサリーを使用して、気品を表現しようとするのも大好きでした。 回答 1.貴族たち(男子も含め)の趣味です。 2.3本以上の指で長い爪を保つと、生活が不便になります。 3. 中国春秋战国から清朝まで。「ハン・フェイ・ジー」には記録があります。戦国時代に韓国のハン・ザンホウ周辺で仕えた人々は長い爪を持っていました。 これらの付き添いが男性か女性かはわかりませんが、それ以来、爪を保つことが人々の関心事であることはわかります。 4.位が低い女性の方が、長い爪があると手作業はできなくなるでしょう。長い爪の世話をする時間もありません。封建制度の下では尊敬と劣等の間に大きな違いがあります、爪を保つのも貴族たちが「劣等人」の人々と区別したい方法の一つです。

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

1、添付画像の爪は 爪そのものではなく「指甲套」という名の 爪の保護具です。 2、すべての指(爪)にカバーをつけると 不便だからでしょう。 3、爪を長くのばす文化は清朝よりずっと前から中国にはありました。 爪を長く伸ばすことができる、ということは 主婦である女性が家事をしなくて済む暮らしができている証拠です。 なので身分が髙い貴婦人ほど爪が長い傾向があります。 でもいくら何も家事をしなくても、爪の手入れをしていても ある程度の長さになると爪は折れてしまいます そうなるとみっともない(農婦の様な)ので保護のため「指甲套」が誕生します。 材質は金や銀、鼈甲やエナメルなど高価なもの 当然特権階級の女性のみが使用できることになります。 つまり後宮の女性たちです。 なのでいつまで、かというと清朝が終わるまで、です。 4、3に書きましたが もともと爪を長くして過ごせるということは尊い身分ということ 同じ後宮の妃であっても下っ端の妃が皇后(姉)より長い爪であることは許されません。