ここから本文です

今更ながらドラゴンボールGTの再放送をみてベジータのことで疑問に思うことがあり...

アーク・ゾルダークさん

2020/6/500:46:32

今更ながらドラゴンボールGTの再放送をみてベジータのことで疑問に思うことがあります。

自分は無印からZそしてGTから超まですべてみてきましたがやはりドラゴンボールとはベジータという一人の人間が成長していく一つのドラマにも思えました。どんな極悪人も本気で変わろうと思えば変わることができるというスタッフからのメッセージとしてもとれました。実際にベジータは最初は極悪非道な性格でしたが妻をもち子ができたことで性格も丸くなっていきGTに入ると家族だけでなく仲間たちを大切にする心を持ち遂には「お前たちは逃げろ!!そして生き延びろ!!あいつ(カカロット)意思を引き継げ!!今は無理でもいつか必ず奴を倒すんだ!!いいな!!」とも言い放ちました。実際に最終的に悟空と同じくらい仲間たちから愛されていたことを印象ずけるシーンがたくさんありました。やはりベジータはGTの最後ではライバルとしてでなくカカロットという一人の人間を自身の最高の友と認識していたことは間違いないと思います。でなければ最後にカカロットが消えた直後のあの落胆ぷりは説明つかないと思います。実際に見ていて本当にかわいそうでした。そこのところ皆様はどう思いますか?ちなみにGTでは悟空が消えた後、やはりベジータはいなくなった悟空のかわりにベジータが地球を代わりに守り続けていたのでしょうか?GTでのベジータならきっと代わりに地球を守っているでしょうね?だって彼にとって地球を守る、それはカカロットと交わした誓いでもあると思いますから。皆様の意見お願いします

閲覧数:
105
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nag********さん

2020/6/800:57:28

そうですね
Zのときから悟空は地球を次の人に任せたいっていう思いがありましたから。だからこそ悟飯やベジータに地球を守ってほしかったんでしょうね。
GTの最後に本当は悟空は亡くなっています。最後のベジータという希望が消えかけたその時、ドラゴンボールのエネルギーが悟空を蘇らせ、元気玉で超一星龍を倒すことになります。
そして最後の敵を倒したことで、悟空は神龍とともに消えていきます。ドラゴンボールとともに消えることで、同じようなことが起きないためです。
その後の平和は悟空以外が地球を守り100年後にとびます。
そこでは悟空jrとベジータjrが天下一武道会で戦います。
この時代にはパン以外のGT戦士は残っておらず、
パンは会場で悟空を見かけます。
そこで、悟空はずっと自分達を見守ってくれていたことを知ります。
おそらく、それまであったたくさんの危機にベジータや悟飯が守っている間も悟空は見守り続けていたんだと
そして、悟空jrが勇気を手に入れたのも悟空が見守り続けてくれたからだと

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる