ここから本文です

ふと思ったのですがドラゴンボール超の「力の大会」でベジータがなった「キラベジ...

Larryさん

2020/6/610:24:18

ふと思ったのですがドラゴンボール超の「力の大会」でベジータがなった「キラベジ」と呼ばれているやつは普通のスーパーサイヤ人にもあった形態変化の第二形態ですよね?

閲覧数:
30
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2020/6/611:21:52

第2形態ではなく第2段階ですね。

スタッフもとよたろう先生もそこまで考えていないでしょうから、第2段階かどうかは分かりません。

漫画版の超サイヤ人ブルー完成形が、短い時間しか全力を出せないブルーの弱点を正面から克服した形態で、ブルー2人でも手も足も出なかった合体ザマス相手にタイマンで互角に殴り合えるようになっています。
全力の持続時間を延ばすという点では、普段から超サイヤ人状態に慣れておく事でフルパワー状態での負担を減らした、超サイヤ人第4段階(別称:超サイヤ人フルパワー)と主旨が似ていると思います。
最終段階の超サイヤ人フルパワーと、超サイヤ人ブルーの「完成形」ですからね。

そこからさらに進化したのが超サイヤ人2であり、殻を破ったのがキラベジこと超サイヤ人ブルー進化ベジータです。(漫画版DB超にも登場しています)

魔人ブウ編以降は悟天やトランクスすらごく自然に超サイヤ人になれているので、おそらく悟空、ベジータ、悟飯が普通になっていた超サイヤ人形態も、第2段階より上の第4段階であり、それがデフォルトでしょう。

激怒で本来より強くなるのは、ビルスにブルマを叩かれて怒った時の超2ベジータでも証明済です。なんなら少年期までの悟飯にも言えます。

位置付けとしては、第2段階と超2のどちらとも言えませんが、どちらかというと超2に近いと思います。
ファイナルエクスプロージョンを使用した時の魔人ベジータも、超2でしたからね。

質問した人からのコメント

2020/6/12 12:24:03

丁寧な解説ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2020/6/610:40:05

激怒超悟空(フリーザ戦)や激怒超2悟飯(セル戦)に近いですかね。
激怒で本来の形態よりも強くなる場合が
あるのでキラベジもそれにあてはまります。
なんと界王拳ブルーよりも強いらしいですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる