ここから本文です

今後の祝日法改正案について。 ハッピーマンデー制度の祝日を対象に、従来の日付...

ブラサングラスさん

2020/6/1313:00:02

今後の祝日法改正案について。
ハッピーマンデー制度の祝日を対象に、従来の日付が日曜日の場合は、
その日を祝日として、翌月曜日を振替休日にする案。

2月11日の「建国記念の日」と、8月11日の「山の日」をそれぞれの、
第2月曜日へ変更する案。
それも、2月11日、8月11日が日曜日の場合は、翌月曜日は振替休日。
祝日にできない月曜日は、その日の前の日曜日を祝日にして振替休日に。
11月3日の「文化の日」を「明治の日」に変更する案。
元々は明治天皇の誕生日だったことから。
「文化の日」を移動する案。
11月3日から、平成の天皇誕生日だった12月23日に移動する。
改元で12月は去年から祝日がなくなったことから。
これにより、年間の祝日数は16日から17日に増えて、
祝日がない月は再び6月のみとなる。
皆さんは、どう思いますか?
分かる方は、お願いします。

閲覧数:
8
回答数:
2

違反報告

回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kog********さん

2020/6/1418:04:04

建国記念の日は2月11日だから意味があるのであって、第二月曜日に変更することはないと思います。
文化の日(明治天皇誕生日)、勤労感謝の日(新嘗祭)、元日、天皇誕生日等と同じです。
また現時点で既に、2月11日が日曜日の場合、翌日(月曜日)は振替休日だと思います。

明治の日を制定して、文化の日を移動するのはかまわないと思いますが、文化の日が上皇誕生日である必要があるのかどうかが気になりますね。それならば大正天皇誕生日でも良いのではないかとも感じます。
"新"文化の日を、先帝(上皇)誕生日に固定(新時代ごとに移動)するならまだアリなのかなと思いました。

アバター

ID非公開さん

2020/6/1400:39:42

簡潔にお願いします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる