日本人に質問⭐︎危険運転致死傷罪の適用要件についてです。 2018年12月、三重県津市の国道で乗用車を時速146キロで走行してタクシーと衝突し、5人を死傷させた男の裁判の判決が、16日に言い渡さ

日本人に質問⭐︎危険運転致死傷罪の適用要件についてです。 2018年12月、三重県津市の国道で乗用車を時速146キロで走行してタクシーと衝突し、5人を死傷させた男の裁判の判決が、16日に言い渡さ れました。16日の一審判決で津地裁は、危険な運転を認めた一方、「故意があったと認定するには合理的な疑いが残る」として、危険運転致死傷罪ではなく過失運転致死傷罪を適用。被告に法定刑の上限となる懲役7年を言い渡したことに対してヤフコメでは異論が相次いでいます。 ①危険と安全の境界線は何だと思いますか? 全国の警察官と自動車教習所指導員に聞いたら全員が一般道を146キロで走るのは危険と答えるでしょう。では、みなさんは片側2車線以上ある幹線道路を60キロで走りますか?交通量によりますが、だいたい65から80キロくらいで走るのではないでしょうか。道路交通法上は速度制限標識が示す速度以下で走行することが定められています。60ちょうどでもプラス10キロでもありません。危険運転と判断する速度は何キロからなのでしょうか? 道路交通法第22条 車両は、道路標識等によりその最高速度が指定されている道路においてはその最高速度を、その他の道路においては政令で定める最高速度をこえる速度で進行してはならない。 ②タクシー側の過失はどの程度考慮されたのでしょうか? 信号のない交差点では道幅が広い道路を走行する自動車が優先になります。信号のない交差点での出会い頭事故で自動車同士であれば過失割合が決まります。4人が死亡した結果が大きく取り上げられることでタクシー側の落ち度が無視されているのではないかと思います。速度関係なく接近する自動車を先に行かせて右左折等すれば安全に通過できたのではないですか?これが防衛運転で全ての運転手が心得ておくべきことであると考えます。もちろん信号無視や道路の逆走など想定しづらい事故もあるでしょう。 ③危険性の認識について「その速度で走れば事故をするかもしれない」と運転手が認識した上で故意に速度超過をして事故を起こしたのであれば危険運転致死傷罪となります。地元には片側1車線で歩道と車道が分離されている国道がありますが、制限速度が40キロでだいたいの人は60から65キロくらいで走っています。信号無視をして横断している歩行者を跳ねて死なせたとしましょう。60キロで走行したため、20キロの速度超過で危険運転致死傷罪が適用されたら納得できますか?

補足

外国人とペーパードライバー、無免許は回答禁止。タメ口回答と自分で調べろも禁止。 「回答は控えます」だったら最初から書き込むな!荒らしさんお断り。

クイズ86閲覧

回答(5件)

0

今朝の羽鳥慎一モーニングショーで知ったが、まず裁判官の常識が国民の一般常識と食い違ってるのですね。 このような判決がしばしば出て来ます。象牙の塔に居る人間の感覚が国民生活の感覚と乖離してる為に、裁判員制度が導入された筈です。 また、判決の理由に「故意」であるかどうかが分れ目と出て来ますが、これだと主観重視の判断となり、何キロのスピードを出せば事故の割合がどれだけ増すかの危険予知の客観判断(個人個人を超えた普遍性の)が失せてしまう事になります。つまり判断そのものが、心神喪失のような「主観性」が基準となってて、罪刑法定主義の客観性の堅持が保たれないような非論理的な判断に判事や弁護士が陥ってると考えます。

0

この事故はとても残念で不運な事故でしたね。 ①その時の道路状況や地元民の暗黙のルール等もあり、一概に境界線が引けないというのが答えです。 ただ一つ言えることは、私はその道路をよく通りますが80キロどころか100キロ以上出している車は沢山います。特に夜中の時間帯ほどバンバン飛ばしている車を見かけます。その状況を知っているせいか、ニュースで「146キロで走行」という文言を見た時に、正直あまり驚きはなかったです。勿論それを良いとは思いませんし、危険予知能力もなくとんでもないスピードで走行する車は非難・処罰されるべきですが、実態はそうです。 ②具体的にどの程度考慮されたかは分かりません。でも全く考慮されていない事はないと思います。 タクシー運転手だからこそ、夜の23号線の実態はご存知だったと思いますし、現場は見通しの良い場所なので道路進入前の確認で近付いているのが見えなかったのかな、と少し疑問に思う部分もあります。今回、片側3車線の道路で中央分離帯を超えて向こう車線に入ろうとしていたとの事なので、向こう車線側にも注意を配る必要があったし、右→左を確認した後に果たしてもう一度右(手前車線)を見ていたのか?という点も検証して欲しいです。 ③これも一概には言えませんね。遺族側の気持ちからしたら重い罪に感じると思いますが… しかし、本当に悲しい事故でした。ご本人、ご遺族の気持ちを思うと居た堪れません。また、被告のこれまでの行いや態度にも問題があった為、余計に許せない気持ちになります。 ただ今回起こってしまった事実を、感情論で片付けず、冷静に検証して今後同じような事故が起こらないように対策する必要があります。その際には、実態(ほとんどの大きな道路では制限速度超過して走行している車が多い)にも目を逸らさず向き合って、交通ルールをどうしていくべきなのか議論しなければなりません。 亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

①この表現が適切かどうかわかりませんが運悪く死亡事故に発展したから非難されているということですか? ②中央分離帯がある幹線道路で左折進入して迂回していたら事故にならなかったのではないですか?飛ばす車のことは想定していなかったのでしょうか? ③危険運転致死傷罪の適用要件はどうあるべきですか?

0

1 π = 2 2 99 2 ∑ n = 0 ∞ ( 4 n ) ! ( 1103 + 26390 n ) ( 4 n 99 n n ! ) 4 {\displaystyle {\frac {1}{\pi }}={\frac {2{\sqrt {2}}}{99^{2}}}\sum _{n=0}^{\infty }{\frac {(4n)!(1103+26390n)}{(4^{n}99^{n}n!)^{4}}}} (ラマヌジャン) 4 π = ∑ n = 0 ∞ ( − 1 ) n ( 4 n ) ! ( 1123 + 21460 n ) 882 2 n + 1 ( 4 n n ! ) 4 {\displaystyle {\frac {4}{\pi }}=\sum _{n=0}^{\infty }{\frac {(-1)^{n}(4n)!(1123+21460n)}{882^{2n+1}(4^{n}n!)^{4}}}} (ラマヌジャン) 1 2 1 2 + 1 2 1 2 1 2 + 1 2 1 2 + 1 2 1 2 ⋯ = 2 π {\sqrt {\frac {1}{2}}}{\sqrt {{\frac {1}{2}}+{\frac {1}{2}}{\sqrt {\frac {1}{2}}}}}{\sqrt {{\frac {1}{2}}+{\frac {1}{2}}{\sqrt {{\frac {1}{2}}+{\frac {1}{2}}{\sqrt {\frac {1}{2}}}}}}}\cdots ={\frac {2}{\pi }} (ビエト) 4 arctan 1 5 − arctan 1 239 = π 4 {\displaystyle 4\arctan {\frac {1}{5}}-\arctan {\frac {1}{239}}={\frac {\pi }{4}}} (マチン、1709年) ただし arctan x は主値 − π 2 < arctan x < π 2 {\displaystyle -{\frac {\pi }{2}}<\arctan x<{\frac {\pi }{2}}}

0

①飲酒や薬物を摂取しているかいなかです。 ②当然問われます。ただ、今回の判決は行政訴訟であって、保証は 民事になります。その際、タクシーの過失も問われるので。 請求金額が大幅に下回る可能性があります。 ③納得はできません。当然、控訴、上告をするでしょね。