ここから本文です

マウスシールドの効果ってあるのでしょうか?

アバター

ID非公開さん

2020/6/1811:37:17

マウスシールドの効果ってあるのでしょうか?

熱中症対策の為マスクの代わりにマウスシールドを使用する事になりました。
フェイスシールドは顔全体を覆うのに対し、マウスシールドは口元だけで、直接前に飛沫しなくても隙間から飛び散っているような気がするのですが・・・。
それでもやった方がいいのでしょうか?

閲覧数:
547
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kde********さん

2020/6/2511:19:52

健康ならしなくてもいいです。
そっこらじゅうにウィルスや菌なんてウヨウヨしてますから、免疫力を高める体づくりをするのが一番です。
ちなみにコロナなんてただの風邪でワクチンビジネスとかうんぬんかんぬんでみんな騙されてるだけなので。

yosino tosioさん

2020/6/2511:16:25

マウスシールドでも十分効果が有ります、クシャミで飛び出す大粒の飛沫を受け止めます

空気からの感染はそれほど脅威では有りません

新型コロナウイルスは、微小な飛沫の状態では急激に感染力を失います、ほぼ2mも浮遊すると、感染の危険性は無くなります
https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=14278

1m離れて15分間会話を交わす場合に感染リスクが有るとされています、すれ違う程度では感染しません
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov/2...
15分間も井戸端会議をすると、十分に濃厚接触者です

また息に含まれる微小な飛沫は普通のマスクでは防ぐ事ができません
微小な飛沫は直径0.1um~5um(平均2.8um)です
BFEと表記されたマスクでやっと直径3umを止める事ができます
VFEと表記されたマスクで初めてウイルス感染を防ぐ事が出来ます
これはマスクの規格を定めるための、厳密に測定された数値です

コロナウイルス肺炎が流行する前でしたら、ドラッグストアでVFEマスクを売っていたのですが、最近は品薄のせいか見かけません


本当に脅威なのは、物に付着しているウイルスです

以前に、新型コロナウイルスで陽性となった人物が、コロナをバラまいてやると飲食店を徘徊した事が有りました
感染したのは接客したホステスではなく、その人物が開店前に座っていた椅子に腰を掛けて、メークをしていたホステスでした
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56939420Y0A310C2CN8000/
感染は息からではなく、椅子の付着物から発生しました

クシャミで飛び出す様な大つぶの飛沫は30~80cm/秒で落下します
https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=5264
落下した大粒の飛沫は物に付着します

物に付着したウイルスは、金属で4~5時間、紙で24時間、プラスティックで50時間、感染力を持ちます
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc2004973
物に付着したウイルスは、乾いていないペンキと同じで、荷物や服や手で触れるとそれらに付着します
ウイルスが付着した手などで別の物を触ると、今度は別の物に再度付着します
再度付着した物を別の人が触ると、別の人の手にまた付着します
こうして汚染された物が増えていき、感染が広がります


感染は 人→空気→人ではなく人→物→人 で発生します

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる