ここから本文です

「障害者」と「障がい者」についての質問です。 私は中学校の頃、「害」は差別...

yvo********さん

2020/6/2117:21:32

「障害者」と「障がい者」についての質問です。

私は中学校の頃、「害」は差別用語になるため、最近では「障害者」と記載した方が正しいと聞きました。

今大学の課題で書評をしており、去

年発行された本には「障害者」と普通に使っています。(障害者を議題とする本でした)

書評レポートを書く際、障害者と書くのは適切なのでしょうか?


もし害を使わない方が良いかも?という意見でしたら、
「知的障害」は「知的障がい」はでなくても良いと感じますが、
「知的障がい者」はどうでしょう。

補足中学校の頃、「害」は差別用語になるため、最近では「障害者」と記載した方が正しいと聞きました。


と記載していましたが正しくは「障がい者」です。意図を汲み取ってくださった方ありがとうございます。

閲覧数:
1,126
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tou********さん

2020/6/2122:40:04

もう子供騙しが通じない歳なのだから、自分で調べて判断すべきです。

障害者で問題ない。
「害」に問題があるのなら「障」にも問題があるとしなければならない。それをしないのは偽善か、為にする議論なのです。

この問題は解決していないという立場もあるようですが、解決しないのは当然です、そもそも問題などないのですから。幻想の問題を解決するなど出来ない相談です。

そもそも漢字を仮名にしたところで、普通の人間ならその音の背後に「害」の字を認識するはずです。
そのイメージを消したいなら「障外」とか「障概」とでも書くべきですが、まさかそんな馬鹿なことはしないでしょう。
仮名に直すことこそまさに偽善以外のなにものでもない。

百歩譲って仮名に直すべきだとしても、学問にそういう俗な価値観を持ち込むべきではありません。

質問した人からのコメント

2020/6/21 23:33:45

調べると、「障碍者はまだ認められていない」や「結局結論はまだ」などばかりで
ネットで調べも最近結論が出たのか分かりませんし、ネットは間違った記載もあるので鵜呑みにしてはいけないと思ったりと、翻弄していました。

医療系の学校でしたので、先生もその辺シビアかなと不安でしたが、学問にそのようなことは持ち込まなくても良いのですね

自信で判断できず申し訳ございません。

初レポートでなので不安でいっぱいです...

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2020/6/2118:04:24

質問の下記の箇所は入力ミスだと思いますが、肝心のところを間違ってしまってはお話しになりませんよ!

>私は中学校の頃、「害」は差別用語になるため、最近では「障害者」と記載した方が正しいと聞きました。

→おそらく、下記の入力ミスでしょう。
✖「障害者」と記載した方が正しいと聞きました。
○「障がい者」と記載した方が正しいと聞きました。

この表記については、昔からいろいろ論じられていますが、現在のところまだ解決されていません。
大学の課題のレポートのレベルでは、特に気を使う必要はなく、原著の書名どおりに書けばいいでしょう。


【ご参考】
..障害者という表記は、1949(昭和25)年、身体障害者福祉法の制定を機に一般的に使用されるようになりました。
..戦前は、「障碍」と書かれていましたが、戦後、国語政策の一環として、「当用漢字表」が内閣から告示され、「障碍」の「碍」はそこに掲げられていませんでした。
.....当用漢字とは、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の占領政策下の1946(昭和21)年11月16日に内閣から告示された「当用漢字表」に掲載された漢字を指します。(1850字)
..当用漢字表にない漢字を含んで構成されている漢語について、同音の別の漢字に書き換えるための指針として、国語審議会が昭和31.7.5に報告した「同音の漢字による書きかえ」で、障碍→障害....と書き換えるようになりました。
..また、これに伴い「法令用語改正要領」(昭和29.11.25・内閣法政局総発第89号)でも、障碍→ 障害..と書き換えるようになりました。
「常用漢字表」は、何回かの改正を経てきましたが(最新改正は平成22.11.30)、結局、いまだに「碍」の字は掲げられていません。その間の経緯は、日本経済新聞の下記の記事、朝日新聞の下記のURLをご覧ください。

..内閣府の「障がい者制度改革推進本部」では、現在「障害」の表記の在り方を検討しているところですので、「痴呆症」→「認知症」と呼称を変更したように、「障害者」についても、「碍」という漢字の復活ではなく、新たな呼称が生まれる可能性もあるのではないかと思います。


●平成19年8月7日提出の衆議院議員川内博史の、<法律の条文における「障害」の表記に関する質問>と<それに対する政府の答弁書>
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon...

●〈日本経済新聞>「常用漢字表」改定 どうなる?「しょうがい」表記..2010/10/19 7:00
https://style.nikkei.com/article/DGXBZO16294020T11C10A0000000?chann...
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
..文化審議会では改定常用漢字表を答申する前に、2度にわたり漢字表試案に対する意見募集を行いました。いずれも追加希望の上位に挙げられたのが「碍」の字でしたが、最終的に「碍」は答申に入りませんでした。
..寄せられた意見の中には「障害の『害』は好ましくない」「『害』はマイナスイメージだが、『碍』は中立的イメージ」といった「障害者」の表記を「障碍者」と改めるよう求めるものが多くありました。障害者団体など関係者からの声であるだけに切実な思いが読み取れます。意見募集の後、文化審の漢字小委員会では「碍」について取り上げ、審議しました。
..しかし、「出現頻度が低い」「『碍』にも否定的な意味がある」などの理由から、「碍」の漢字表への採用は見送られました。「障碍(しょうがい)」は古くは「しょうげ」と読み、「ものごとの発生、持続などにあたってさまたげになること。転じて、悪魔、怨霊などが邪魔をすること」(日本国語大辞典第2版)という意味があるのも考慮されました。関係者が望む「碍」も中立的な意味ではないようです。
..内閣府の「障がい者制度改革推進本部」では、現在「障害」の表記の在り方を検討しているところです。9月にはホームページ上で「障害」の表記について意見募集が行われました。「障碍」か「障がい」か「障害」のままなのか。全く違う呼び方になる可能性もあります。同推進本部が「障碍」が望ましいと決めた場合、文化審は「碍」の採否について改めて検討することになっています。「碍」が2137字目の常用漢字になるかもしれません。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

●<朝日新聞>
https://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201004050103.html#Con...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

zhu********さん

2020/6/2117:40:10

障害者の障害はある機能をさまたげてその機能を果たさない状態の意味です。
さまたげる・じゃまをする意味。
障さえぎる・へだてる・はばむ。害はそこなう・さまたげる。
障害の他に障礙・障碍と書きますが、碍は礙の俗字。礙はさまたげる・じゃまする。
つまり、三つとも同じ発音で同じ意味です。

「私は中学校の頃、「害」は差別用語になるため、最近では「障害者」と記載した方が正しいと聞きました。」

あなたの書いていることは筋が通っていません。どこが間違っているのですか。
よく無知な教師が辞典を調べてもみずにいい加減なことを生徒に教えることがあります。金八先生は晩年「人」の字源の説明はウソだった、間違いだったと告白しています。人と人が支え合うのなら、二人になるから、ひとりの「人」の字源でないことは明白なのに、世の中の馬鹿な人たちに誤解を広めてしまいました。
あなたの場合は聞き間違いも含めて、おかしいところがあるのではありませんか。他人の言うことを鵜呑みにしてはいけません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる