ここから本文です

俳句の「半夏生 」とは 季節と時間のことですか? 花の半夏生は 別ですか? 同じ...

mou********さん

2020/6/2519:55:47

俳句の「半夏生 」とは 季節と時間のことですか?
花の半夏生は 別ですか? 同じ季語としてあるのですか?

「七十二候の一つ。夏至から十一日目に当たる日、太陽暦では、七
月二日頃となる。」とかかれています。

閲覧数:
52
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

rin********さん

2020/6/2611:38:45

どちらも季語です。
句を読めば植物か、季節のことかわかります。
植物の半夏生を詠む場合は、時期も半夏生の頃だということになりますから、両方の意味を含み、あえてどちらだと判別しなくてよい句もあります。


青空が夜まで残る半夏生 能村登四郎
これは、昼が長くなり夜の時間にも空がまだ青くみえることを言っていて、季節のことと考えるほうが自然です。
もちろん空を見ている側に半夏生が咲いているかもしれませんが、句の主題は空で、半夏生の花ではありません。


半夏生葉を白く染め梅雨あがる 山口青邨
葉を白くとありますから、植物のことでしょう。

質問した人からのコメント

2020/6/27 08:25:05

回答ありがとうございます!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる