ここから本文です

新体操の柔軟で1番痛かったエピソード

アバター

ID非公開さん

2020/6/2623:17:27

新体操の柔軟で1番痛かったエピソード

閲覧数:
84
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aya********さん

2020/7/211:16:18

基本、開脚系が痛いですし、とくに左右開脚で苦労することが多いですが、どの箇所も一番痛いと感じる限界まで全身くまなく柔らかくされますよ。
痛みを気持ちいい悦びと感じて、毎日自発的に独りで柔軟に取り組んだり、補助で泣きを入れられることを楽しめるぐらいでないと新体操の世界では通用しませんから、痛みに慣れつつ柔らかくされるところからがトレーニングの出発点です。

どうしても理論でなくて体験的にどこまで柔らかくなれるか、素質がある子に厳しい世界ですから、自分が痛かった体験よりも、同学年でもともと柔らかい子とか優秀な先輩が徹底的にしごかれている場面を見た記憶のほうが鮮明ですね。
とくに部で一番できる先輩が跳び箱の上で背中を反らされて涙を流しているところや、自分がそこそこ柔らかくなって、その先輩から強烈な痛みを伴う補助を非情に入れられたのが懐かしい思い出です。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる