ここから本文です

以前は年間70~80冊本を読んでいましたが、 ここのところめっきり読む冊数が...

アバター

ID非公開さん

2020/6/3000:16:05

以前は年間70~80冊本を読んでいましたが、
ここのところめっきり読む冊数が減ってしまいました。
そこで、これを読んでくださっているみな様にお願いです。

今まで読んだ本の中で、面白かった本、感動した本など
トップ3教えてください。
できたら軽い理由も添えて頂けたらうれしいです。
が、本のタイトルだけでもけっこうです。
よろしくお願い致します。

閲覧数:
140
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

みかんjamさん

2020/6/3008:47:34

私は大体「年100冊」前後です
殆どペースは変わりませんネ

と言うか数年前からブログを始めて「記憶と整理」をしだしたんで、逆に上がったくらいです

*以前はyahooブログでやってたんで消えてしまいましたが、’17~から始め、今年、Abemaで再開しました
そして「その年のNo1」を決めてましたんでソレを

’17 麻見和史 「警視庁殺人分析班」シリーズ(講談社文庫)
今も継続中の人気作で、メインのバディ・如月塔子と鷹野コンビがE~感じです
また本格派の香りもしますし、サスペンス要素も満載で堪能できます

’18 アンソニー・ホロビィッツ 「カササギ殺人事件」(創元推理文庫・上下)
まだ著作的には少ないですが、ソノ圧倒的な「質」により世界中で人気を博している作家で、↑のは「二層構造」のミステリになっているのが楽しいです

’19 荻原浩 「ストロベリー・ライフ」(毎日文庫)
お仕事+家族モノですが、その職業が「農業」という点がミソですネ
でもありふれてると言えばそ~なんですが、コレは舞台が私の「モロ地元」ですし、多分初めての「シゾーカ弁」というか「トーブ弁」なのが個人的なポイントなんですネ(^^♪



*コチラは今年の3月に出た新作(と言うかノヴェルスは更に新作が出てますが・・・)です

私は大体「年100冊」前後です
殆どペースは変わりませんネ...

アバター

質問した人からのコメント

2020/7/10 23:44:14

荻原浩は好きな作家なので、何の躊躇もなく読めそうですし、
麻見和史、アンソニー・ホロビィッツという作家も、読んでみたいという気に
なりました。良い本を教えていただき、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

TPさん

2020/7/622:09:20

読書家の皆さんの中では片身狭い。年間70~80冊など、到底真似できない量です。私の場合10年かかってそれくらいです。トップ3に自分も参加して良いのでしたら、
ミシシッピー&ノーベル賞受賞演説(エッセイ、フォークナー)、ワインズバーグオハイオ(シャーウッド・アンダーソン)、ドン物語(ショーロホフ)次点はたくさんあります。理由はただ単に…好きだから。アンダーソンは新潮文庫の復刊の際、帯にマーク・トウェインとヘミングウェイの架け橋と書いてあったようでした。どちらかというとマーク・トウェインとフォークナーの架け橋だと思います。

a00********さん

2020/6/3016:26:43

古い本になってしまうんですが。。。

内田百閒「阿房列車」
乗り鉄、百閒先生がいく借金をしてただ汽車にのる。

深沢七郎「言わなければよかったのに日記」
楢山節考を書いた深沢七郎のエッセイ。

安部公房「壁」(の二部「バベルの塔の狸」)
とらぬ狸に影をとられてバベルの塔にいく。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kmb********さん

編集あり2020/7/114:38:48

今までに読んだ本のトップ3は『蜜蜂の生活』『荘子』『摂大乗論』です。実は、トップ3に入る本は30冊ぐらいあるのですが、とりあえず今回はこの3つを選びました。詳しくはリンク先を参照してください。

◆メーテルリンク『蜜蜂の生活』
蜜蜂の生活を美しく描き、社会と精神について深い思索を展開したノンフィクション。続編『白蟻の生活』と『蟻の生活』は、さらに面白い!
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q142114273...

◆森三樹三郎訳『荘子』
文学的な寓意に富むエピソードが満載の思想書。善と悪、美と醜、損と得、用と無用、夢と現実などについての「とらわれ」からの解放を説きます。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q112261791...

◆アサンガ『摂大乗論』(長尾雅人訳)
4世紀のインド大乗仏教・唯識派の論師アサンガ(無著)による仏教概論。難解ですが読みごたえのある思想書です。後半、めくるめくような光輝の世界に突入します。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q142256442...

トップ3に入れたい本はほかにもかなりあります。リンク先で紹介しました。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q102121020...

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる