ここから本文です

フランスの国歌のラ・マルセイエーズの歌詞が日本語訳にするととても残酷ですが未...

akq********さん

2020/7/109:43:17

フランスの国歌のラ・マルセイエーズの歌詞が日本語訳にするととても残酷ですが未だにこの国歌がフランスで使われている理由はなんだと思いますか?

閲覧数:
48
回答数:
2

違反報告

回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

mon********さん

2020/7/118:08:47

歌詞があまりなので変えたらどうか、という議論は、フランス国内で既にありました。

でも、結局、歴史的な意義のあるものだからそのまま残そう、という結論に落ち着いています。

今、奴隷制度に関与した人物の彫像を引き倒そうという人たちがいますけれど、これも政府の見解では、歴史は否定するのではなく理解してゆかなくてはならないもので、歴史的な事実を存在しなかったもののようにするのはむしろ良くない、ということです。

アバター

ID非公開さん

2020/7/109:47:28

フランス人は傲慢だからです。フランスの国歌だけじゃないですよ。大体の大きな国の国家は似たようなもんです。中国のなんか暗黙に日本をやっつけろ進め進め進め!で締めくくってるくらいです。ちなみに日本の国歌は相当能天気な内容で笑えます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる