ID非公開

2020/7/2 12:01

55回答

ベーシックインカムって古代ギリシャの奴隷の代わりにAIに労働させて市民が遊んで暮らすみたいな事ですか?

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

ID非公開

2020/7/6 13:35

違うと思います。 日本が石油や価値が高い資源があればクエートやサウジアラビアみたいに無税の国になれます。 しかしベーシックインカムは全く違う仕組みですね。

0

まあそういうことですが、ちょっと因果関係が違うような気がします AIやロボットが発達すると人間がやる仕事がなくなるので、ほとんどの人は収入を得る方法がなくなる ということで、全国民に一律、毎月10万円とか支給するのがベーシックインカム ベーシックインカムの原資は、ロボットやAIを使って稼いでいる企業に税金をかけてまかなうということになります あと10年もすれば、かなりの仕事がロボットやAIに取って代わられるけど、今の政府や政治家はベーシックインカムとか、AIによる失業問題あまり考えてないみたいだからヤバイですね

0

いいえ AIが市民が遊んで暮らせるほど発達するとベーシックインカムとの共存は不可能になります AIは究極、情報選択能力なので発達するほど人間が意思決定する機会が失われていきますベーシックインカムのように現金を給付してしまうと人間と言う不確実で危険な因子の介入を拡大させてしまうのでAIとベーシックインカムの相性は最悪です 例えばAIで完全にコントロールされた車を想像してください、AIが運転する車だけならとても効率的で無断のない流通・運送が行われていますそこに人間が運転する車が混ざることで無駄が生まれます、ベーシックインカムは経済に対して大量に人間が介入することでとても非効率になります AIに労働させて市民が遊んで暮らすならベーシックインカムではなく物や情報等を渡してお金は絶対に渡しません

0

資本主義の行き過ぎた貧富の差を是正するためにも大きな役割があります。 基本的には、資本主義は資本で労働力を買って産業を起こしてうまれた付加価値で資本家が利益を得る訳ですが、労働者への還元はできるだけ少なくしたい。逆に労働者はより賃金を得たい。現在の資本主義では、この両者の折り合いにおいて、不均衡な力関係が出来上がってしまい貧富の差が広がる一方。 なぜなら労働者側は、働かなければ食べることが出来ないという状態のため交渉が成り立たないからです。 労働三権や法律があってもそれを行使できない。なぜなら食べないと死んでしまうからです。 これでは交渉になりません。世界的に貧富の差が開く原因もここにあります。 そこで働かなくても最低限の暮らしができるようにすれば、交渉が成り立ち正しい経済循環が実現できるようになります。 これまでそれが出来なかったのはその最低限の暮らしを支える食料や財源を産む付加価値を誰が担うかというところで、それをAIと機械で補うことで実現し、資本家の資本に頼らない最低限の暮らしを作ることが理想でしょう。

ID非公開

質問者2020/7/2 15:26

資本家が労働者の代わりにAIを使うようになったら労働者に交渉の余地は無くなるように思えます。 また、国が資本家から税金という形で労働者の生活費を搾取しようとすれば資本家は海外に逃げるでしょう。 結局は国が直接AIで国民を養う手立てを見出だすしか無いように思えます。