回答受付が終了しました

日露戦争後の日本と似てきたアメリカ あんまりアメリカと仲良く付き合って行くとアポ掴む 庶民のハングリードが違う

日露戦争後の日本と似てきたアメリカ あんまりアメリカと仲良く付き合って行くとアポ掴む 庶民のハングリードが違う うまく中国が1歩2歩も下がればよいが、中々独裁国では、うまくフイードバックが機能しません。 食えれば良いと国民を納得させればロシアに近くなるが、うまくいくかな? 言いたい事、アメリカさん将来は軍需の時代では、ありません。アメリカ国内だけで豊かになりましょう。

国際情勢15閲覧

回答(1件)

0

アメリカは元々、あのような国です。 元々、イギリス人が移民して元居たインディアンを殺して追い出して、我が物顔で我がアメリカは世界の警察!アメリカファースト!等と言える、それはそれは、とんでも人種です。 日露戦争後の時は日本は資源を求めて進軍していたので、アジアを統一した後、イランイラク辺りを攻めて支配して石油をゲットしてどこにも負けない超大国を作ろうとしてたので、もっとヤバイ発想ですね… 完璧に世界征服を狙ってましたので… 分かりやすく言うとアメリカは今の地位で満足してわがまま言いたい放題の駄々っ子。 駄々が過ぎて最近では干され気味。 当時の日本は世界征服を企む魔王。 まだ勝てない敵に挑んで撃沈って感じですかね。 日本が悪になるのも理由は黒船の頃からの攘夷思想が日清と日露戦争の結果、悪い方向に発展した事なので、元々の原因はアメリカですけどね…