ここから本文です

「温泉」と「冷泉」の違いは何でしょうか。

「温泉」と「冷泉」の違いは何でしょうか。

閲覧数:
50
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/7/604:29:41

非常に厳密で分かりづらい説明になるので、まずご質問に対する回答から書きます。

冷泉とは温泉法上の温泉で湧出時の温度が25度未満の鉱泉を差す。
温泉とは温泉法上の温泉で湧出時の温度が25度以上の鉱泉を差す。

したがって両者を分けるのは湧出時の温度が25度以上か未満かという違いです。結論は簡単ですが、なぜそうなるのかを説明するのはかなり大変です。そのためには、まず、「温泉」とは何か、「冷泉」とは何かを説明する必要があります。



[1] 温泉とは

「温泉」という言葉は「温泉法」という法律と、「鉱泉分析法指針」という環境省の出す公的指針の二つに定義されています。まず温泉法からみて行きます。温泉法によると温泉とは「地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)で、別表に掲げる温度又は物質を有するもの」と定義されています。

https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/d...

ここで注目すべきは、3点あります。
・液体だけでなく、ガスなどの気体も温泉の対象となること。
・たとえ温泉成分を一切含まなくても、湧出した時点で泉温が25度以上あれば、温泉法上は温泉となること。
・泉温が湧出した時点で25度以下でも、溶存物質総量が1kgあたり1000mgを超えるか、または特定の溶存物質を規定量以上含んでいれば、その温度にかかわらず温泉とされるということです。

我々の直感的に思う温泉と、法律上認められる温泉とはかなり違うことに気づくと思います。


次にもう一つの公の文書、鉱泉分析法指針の「温泉」の定義も見て行きましょう。こちらは「鉱泉」についての細則になりますが、ここで言う「鉱泉」とは「地中から湧出する温水および鉱水の泉水で,多量の固形物質,またはガス状物質,もしくは特殊な物質を含むか,あるいは泉温が,源泉周囲の年平均気温より常に著しく高いもの」と定義されます。つまり、鉱泉分析法指針に登場する鉱泉とは全て温泉法上の「温泉」なのです。そして、同指針はこの鉱泉(温泉)を泉温を別に分類しており、紛らわしいことにここにも「温泉」という言葉が出てきます。ただ、この泉温による分類に出てくる温泉とはあくまで鉱泉に対する温度の意味合いで、温泉法の温泉という意味ではありません。

https://www.env.go.jp/council/12nature/y123-14/mat04.pdf

「冷鉱泉」:25度未満の鉱泉
「低温泉」:25 ℃以上 34 ℃未満の鉱泉
「温泉」:34 ℃以上 42 ℃未満の鉱泉
「高温泉」:42 ℃以上の鉱泉

また、さらに大雑把な分類として、25度未満の鉱泉を冷鉱泉と呼び、それ以上の温度を「温泉」とも呼んでいます。

つまり、「温泉」という言葉は

A:温泉法上の温泉
B:鉱泉分析法指針上の34度以上42度未満の鉱泉
C:鉱泉分析法指針上の、冷鉱泉以上の温度である25度以上の鉱泉

という風に3つの異なった「使われ方」がしているのです。ここがどのレベルで「温泉」の話をしているのかによってその意味が異なるので、理解を難しくします。





[2]冷泉とは

ここからは「冷泉」とは何かを見て行きます。ただ、実は「冷泉」という用語は温泉法にも鉱泉分析法指針にも使われていない言葉です。「冷泉」という言葉はwikiでは「摂氏25度未満の鉱泉」と書いてあります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%B7%E6%B3%89

となると、ここで言う「冷泉」とは鉱泉分析法指針で言うところの「冷鉱泉」とほぼ同義だと考えることができます。であるならば、この冷泉も全て温泉法上の温泉であると考えるべきということになります。例えば、温泉物質を規定量含まない25度以下のミネラルウォーターはこの枠組みに従うならば温泉でも冷泉でもない常水ということになります。


以上のことから、冒頭のご質問への回答に戻りますが、「冷泉=冷鉱泉」との対比としての「温泉」ならば、両者の違いはこう説明できます。

冷泉とは温泉法上の温泉で湧出時の温度が25度未満の鉱泉を差す。
温泉とは温泉法上の温泉で湧出時の温度が25度以上の鉱泉を差す。

質問した人からのコメント

2020/7/8 23:53:32

詳しいお返事どうもありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

おんつぁさん

2020/7/420:56:13

冷泉は湧出口で25℃未満、
温泉は同25℃以上ですが、
冷泉でも温泉法に定める指定成分が基準以上含まれている場合には温泉扱いされます。
https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/d...

hen********さん

2020/7/407:16:58

温泉成分を含む泉水が25℃未満であれば冷泉です。

泉水が25℃を超えれば(温度のみでOK)温泉と分類できます。

プロフィール画像

カテゴリマスター

asm********さん

2020/7/406:52:01

uaa********さん

2020/7/406:32:52

温水か冷水かの違い

冷鉱泉 - 摂氏25度未満「君の言う冷泉の事」
微温泉 - 泉摂氏25度以上摂氏34度未満
温泉 - 摂氏34度以上摂氏42度未満(狭義の温泉)「君の言う温泉の事」
高温泉 - 摂氏42度以上

ano********さん

2020/7/406:31:27

水温の違い

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる