現在夫の姓の夫婦が97%であり妻の姓の割合は3%しか

日本史24閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

全く貴方のおっしゃる通りだと思いますね。妻は夫の氏を 称するこれと明治民法案は全く同じものですからね。 妻は夫の家に入る嫁入りの考え方が夫婦同姓を定める事に 影響したのでしょうね。元々の日本には妻が夫の氏を称して 結婚するとかいうのはありませんでした。西欧の男尊女卑風習が 日本に流入してしまったのです。

お礼日時:10/30 23:33

その他の回答(1件)

0

古いですね。今地方の嫁不足は大変ですよ。未婚の40、50で親を抱えた跡取り息子が、わんさかいます。悩み多く暗いものです。むしろ娘の婿取りの方が決まりやすいのが現実です。 将来を期待された優秀な長男は、都会に出て婿入りしてしまった話などはザラにあります。先に出た者勝ですよ 親は能力の劣る次男三八を抑えにかかります。負の連鎖か?これでは地方は良くなりません。 嫁さんはといえば、現在は、一旦嫁に出ても、何年かすると離婚覚悟で子供を連れて実家にもどる。その後を婿さんが家を捨てて、追っかけ嫁の家に入る。民生委員がこのケースが増えていると話してましたよ。