ここから本文です

真空管を使ったアンプの電源に交流が使われるのは、ヒーターを温めるのが主な理由...

アバター

ID非公開さん

2020/7/415:08:49

真空管を使ったアンプの電源に交流が使われるのは、ヒーターを温めるのが主な理由ですか?

あくまで、電源に使われる交流の用途が知りたいのですが。

閲覧数:
78
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2020/7/418:29:12

電源トランス自体はいろんな電圧を作るのに交流でないと成立しない
ので、それは置いときまして。
(トランジスタアンプの電源トランスについてもそうですが)

本当はすべて整流して直流で回路に供給した方がノイズ関係には有利に
なりますが、、傍熱型の場合はヒータを交流点火しても交流ノイズに
強いため、直熱管以外は整流しないで交流をヒータに印加することが
多いです。

真空管アンプだからと言って特に交流で有る必要もありません。
(整流して直流にした方がもっと低ノイズになります)

アバター

質問した人からのコメント

2020/7/4 19:27:30

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sub********さん

2020/7/418:10:05

真空管アンプにはABCの3種の電源が必要です。

Aはヒーター又はフィラメント
Bは高圧、プレート、スクリーン電圧
Cはバイアスの負電源

ですが交流の方が変圧が簡単で必要電圧が容易に得られるからです。BCは整流回路が必要、昔は電池をつかったC電源も有りました。
A電源もヒーターハムを無くすため整流して直流で点火する場合も有ります。フォノイコライザー等は必ずと言って良いほど直流点火です。直熱出力管も直流点火する物も有ります。

2020/7/416:36:02

高電圧がほしいからじゃないですか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

gis********さん

2020/7/415:35:47

真空管を動作させるには様々な電圧の電源が必用です。
交流は、トランスを使うことで簡単に電圧の変換が可能なので便利なんです。
今でこそスイッチング方式の電源がトランスより安く入手できますが、昔はそうはいかなかったのです。

因みに、ヒーターは直流で点火しても良く、高級アンプの初段を直流点火にすることもあります。

fried_turnipさん

2020/7/415:27:44

>電源に交流が使われるのは、ヒーターを温めるのが主な理由ですか?
電源に交流が使われる理由は商用電源が交流だからです。

>電源に使われる交流の用途が知りたい
直流に変換せず交流のまま利用する用途としては、
真空管のヒーター、ネオンランプ、程度です。

もし商用電源が直流だったら、真空管アンプに50Hzや60Hzの交流が
使われる事は無かったでしょう。

昔は、ポータブル機器の為に、ヒーター電圧定格が2Vの真空管や、
1個で40Vや67.5Vの乾電池が販売されていました。

blu********さん

2020/7/415:27:41

交流を使う理由? でしょうか...

①家庭用のコンセントからとれる 電池だとこうはいきません
②交流なので昇圧も降圧も出来て昇圧、降圧した電圧を整流して
直流を得ることができます
交流→直流で200v , 300vも可能です
フィラメントは直流でも可能です

直流を使う理由は判りませんが、昔の真空管ラジオなどは
電池(直流)を使ったものもありましたよ
電池は充電が必要ですからね 数百ボルトの電池は作れない?
という事でしょうか 電池は手間がかかり過ぎるってことじゃないですか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる