ここから本文です

CGで行うモデリングの作業について、今後どのような機能や能力の向上を進めていく...

アバター

ID非公開さん

2020/7/602:55:50

CGで行うモデリングの作業について、今後どのような機能や能力の向上を進めていく必要があると思いますか?

課題です。調べたんですが思いつかないし載っていないので、ヒントでもいいのでお願いします。

閲覧数:
14
回答数:
1

違反報告

回答

1〜1件/1件中

2020/7/1005:21:39

今後の3DCGの趨勢はVRやARが主体になっていくと考えられるので、VR、AR技術が一つのトレンド。

また、NVIDIA RTXシリーズを皮切りに「リアルタイムレイトレーシング」技術が芽吹いているので、これからの3DCG技術リアルタイムレイトレは必要になっていくでしょう。まあ、モデルをリアルタイムに動かすつもりがないなら必要ないけど。

あとは、現在キズナアイをはじめとするVtuber。

キズナアイや電脳少女シロなどの「リアルタイムに3Dアバターを動かす技術」はモーションキャプチャーの応用です。

映画ではもう20年ぐらい前からモーションキャプチャーが取り入れられていますが、今はPCの性能の向上により、リアルタイムモーションキャプチャーにより3Dアバターを自由自在に動かせるところまで来ています(その成果がキズナアイや電脳少女シロなどの企業系VTuber)


3DCGの最終目標は「いかに現実と見まがうCGを表現できるか」。
その一つの成果がリアルCGキャラクターSAYA。

これ、非常にリアルなんだけど初代は動きませんでした。モデリング、レンダリングにむっちゃ時間がかかる超多重ポリゴンに超多面テクスチャ貼り付けて「現実感」を出しています。まあ、ゲーム業界も目標はここなんで、「いかに現実と見まがうCG見せるか」ってのが現在のCG界の目標であることは間違いないですね。

今後の3DCGの趨勢はVRやARが主体になっていくと考えられるので、VR、AR技術が一つのトレンド。...

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる