ここから本文です

鮭の身や蟹の殻が赤いのはアスタキサンチンであり、アスタキサンチンは藻を食べて...

fe3********さん

2020/7/722:58:16

鮭の身や蟹の殻が赤いのはアスタキサンチンであり、アスタキサンチンは藻を食べて蓄積されるのですよね?
だとすると、養殖で藻以外の餌を与えると赤くならないということですか?

閲覧数:
5
回答数:
1

違反報告

回答

1〜1件/1件中

びぶらさん

2020/7/809:55:33

アスタキサンチンは海洋中の微細藻類によって合成され、それを食べたオキアミなどの体内で濃縮され、さらにそれを食べた魚に蓄積されます。なので、藻を直接食べなくてもアスタキサンチンを蓄積した餌(オキアミやオキアミを摂取したイカナゴなど)を食べれば赤くなります。ちなみに、サケ・マスでは身も赤くなりますが、マダイやブリでは体色は良くなるものの肉は赤くなることはありません。ただアスタキサンチンの抗酸化作用によって血合肉の変色を抑えられるので、養殖用飼料には良く使われています。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる