回答受付が終了しました

鮭の身や蟹の殻が赤いのはアスタキサンチンであり、アスタキサンチンは藻を食べて蓄積されるのですよね? だとすると、養殖で藻以外の餌を与えると赤くならないということですか?

鮭の身や蟹の殻が赤いのはアスタキサンチンであり、アスタキサンチンは藻を食べて蓄積されるのですよね? だとすると、養殖で藻以外の餌を与えると赤くならないということですか?

水の生物10閲覧

回答(1件)

0

アスタキサンチンは海洋中の微細藻類によって合成され、それを食べたオキアミなどの体内で濃縮され、さらにそれを食べた魚に蓄積されます。なので、藻を直接食べなくてもアスタキサンチンを蓄積した餌(オキアミやオキアミを摂取したイカナゴなど)を食べれば赤くなります。ちなみに、サケ・マスでは身も赤くなりますが、マダイやブリでは体色は良くなるものの肉は赤くなることはありません。ただアスタキサンチンの抗酸化作用によって血合肉の変色を抑えられるので、養殖用飼料には良く使われています。