ここから本文です

持続化給付金に対しての質問です。 法人での200万は給付されました、 個人でも確...

アバター

ID非公開さん

2020/7/1301:55:50

持続化給付金に対しての質問です。
法人での200万は給付されました、
個人でも確定申告を10年以上しておりますので、個人でも6月末に100万を申請したのですが最近になり新聞等で法人、個人、

両方の申請は二重申請になるような記事を見ました、ここでの回答やYouTube等では法人と個人は別で申請が出来るような説明を目にして申請したのですが不正になるのでしょうか?
同じように申請した方や詳しい方からのアドバイスが頂ければ幸いです。

閲覧数:
203
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oio********さん

2020/7/1309:30:37

持続化について
読売新聞の記事がややこしいですね。
法人とその代表者が二重で申請してはダメというような記事でした。
ただ、その内容次第と思います。
記事の意味合いとしては同じ内容でという悪質のケースを想定
しているのではないでしょうか。
全く違う事業を行っていてキチンと申告(内容も)していれば
問題ないと電話で経産省から見解を聞きました。

家賃給付
この話を持ち出している方がいますが、
家賃給付はあくまで借主側が申請をします。
社長所有の物件を法人が借りている場合の話です。
これはダメとなっていますが、
社長が個人でやっている事業の家賃に関しては要件を
満たしていれば申請は可能です。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dew********さん

2020/7/1308:36:51

過去の事業収入を証明する証拠書類等(ここでは2019年の個人事業者の確定申告書類)が同一名義の場合、申請は一回に限ります。2019年の個人事業者の確定申告書類と、設立後のいずれか1つの法人の対象月の事業収入を比較してください。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

man********さん

2020/7/1308:11:54

報道記事を鵜呑みにしない方が良いでしょう。

大量の走り書きのような取材メモ・ボイスレコーダー・記者の記憶などから記事を書きます。
文脈の辻褄が合わない事や、脱落が有るのは常。
又、それらの訂正・修正記事が発表されることが殆ど無い事も常。

不正受給とは、虚偽・捏造・偽造など欺罔行為によって受給せしめる場合です。

仮に貴方個人が受給できなかったとしても、不正ではなく「不給付決定」というだけです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ion********さん

2020/7/1308:01:51

法人は法人、個人は個人です。問題ありません。

kok********さん

2020/7/1307:09:19

読売新聞の報道で二重申請の法人口と個人口を申請したものを調査している記事の事ですか?

家賃支援給付金では下記のように給付対象外と記載されています。
②賃貸借契約の賃貸人と賃借人が実質的に同じ人物の取引(自己取引)
これらの給付規定から考えると法人と個人の同一人物を対象としない。と考えられます。
どうやら持続化給付金作業に弁護士等が入り、その時点から考え方が変化したのかも知れません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる