ここから本文です

国民健康保険料の支払料金について 平成20年3月で退職し、健康保険から国民健康...

eco********さん

2009/2/518:46:26

国民健康保険料の支払料金について 平成20年3月で退職し、健康保険から国民健康保険に変わりました。

平成20年4月から主人の扶養に入ろうとしたのですが、前年度に収入があるということで扶養には入れず国保料金を市役所に支払っていました。平成21年1月からは扶養に入れるということで手続きをし1月22日付で健康保険証をいただき市役所に国民保険証を返却に行ったところ、1月にもお金を納付してほしいと言われました。1月には扶養になっているのでどうして支払わなければいけないのか聞くと、1月分ということで納付するのではなく、何期として納付してほしい。前期後期で算出して支払ってもらうのでと説明をしてもらったのですが、まだ納得ができないので・・・
どなたか詳しい方教えて下さい。よろしくお願いします。

閲覧数:
1,124
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yum********さん

2009/2/518:57:07

国民健康保険料は9月から翌年の3月までの7ヶ月間で1年分を納めますので1ヶ月分という数え方をしません
均等に分けた場合でも1,7か月分になりますからそのようにいわれたのだと思います、
制度上の問題ですから、納得がいかないでしょうが我慢していただくしかないと思いますよ

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yah********さん

編集あり2009/2/922:01:25

21年1月31日まで国民健康保険に加入していなかったわけですから、確かに21年1月分の国民健康保険料は、支払う必要はありません。
もう一度担当の窓口に、自分の払うべき国民健康保険料は、何月分までの計算になっているのか確認されるほうがいいと思います。

尚、「1月分ということで納付するのではなく」という説明は非常にわかりにくいですが・・・

結局あなたの払うべき国民健康保険料は、20年12月分までです。

ただ、その12月分までの支払期日が1月にずれ込んでいる可能性がありますし、清算は手続きした翌月以降でないとできない場合もありますので、納期の到来しているものを一旦払込み、その結果払いすぎなら、後日差額を返してもらえますので、心配はいりませんよ。

wis********さん

2009/2/600:00:11

国民健康保険料は、月ごとに支払うものではなく、年に何回かの納期に分けて払います。
1月の納期に払うものは、1月分の国保料というわけではありません。
平成20年度は4月分から12月分まで国保に加入していたわけですが、4月や5月には払っていないと思います。
なぜなら、その時期は納期となっていないからです。
もし月ごとに支払うのならば4月にも5月にも支払わなければなりません。社保は月ごとに支払いますが、国保はそういう考え方はしません。

最初の納期限は何月だったでしょうか?その時に届いた納税通知書は、平成20年4月から平成21年3月までの、つまり1年間の国保料が記載されています。
今回は4月から12月の9ヶ月が国保加入ですから、
(1年間の国保料)×9/12 が変更後の国保料になります。
それは、再計算されて後日通知がきます。
ちなみに、多く支払いすぎていた場合は当然に還付になります。期限が過ぎているものについては、とりあえず支払っておきましょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる