回答受付が終了しました

ID非公開

2020/7/24 14:19

44回答

総合支援資金特例貸付延長について、

総合支援資金特例貸付延長について、 延長希望の場合、何を審査されますか。 月収の減り方、年収の低さ、等々、どの程度でしょうか?

4人が共感しています

回答(4件)

1

先日延長の申請に行きました 私の住む地域は、申請前に同じ建物内の端っこにある、相談センターに相談に行き相談した上で「申請可能」と判断された場合に申請可能です ・未だに給料が下がったままか これが重要な判断材料です 私の場合は、通帳を持って来て欲しいと言われたので 給与受け取り口座の通帳と印鑑を持って行きました 申請して今は結果待ちの状態です

1人がナイス!しています

1

自立支援機構の利用促進とあるので、現職でもハローワークに進められるのではないでしょうか?所謂、転職し正職や雇用条件の見直しですよね。非課税世帯が増えれば回収不可になりますから、バンバン指導してくるはずですよ。しかし、支援金延長可能はその前に社協から書類が送られて来るはず。

1人がナイス!しています

4

この世帯にとって今、貸付が本当に必要かどうか、じゃないでしょうか。 また、この貸付を受ける事で自立に繋がるか。 (自立し、生計が安定し、返済する事が出来るのか) 繋がらないのであれば、この世帯にとっては借金が増えてしまうだけなので自立支援機関からは生活保護をすすめられるんじゃないかと思います。 返済免除の話が独り歩きしてしまい、必要ないにも関わらず「どうせ返さなくて良いから」「簡単に借りられる」と誰でも彼でも借りています。 本当に今、借入が必要な世帯であれば、自立支援機関の支援により確認は取れるので審査には通るんじゃないでしょうか。 本来であれば、国の緊急事態宣言により収入減になったのだから、社会福祉協議会による貸付ではなく、給付金を増額、もしくは回数を増やすべきだと思いますが…

4人がナイス!しています

1

審査というより、自立支援で月々の家計収支の見直しや再就職支援、支援後の就職活動や収入確認などです。一般的にはハローワークで失業保険をもらう時の様なイメージプラス収支報告となっています。

1人がナイス!しています