回答受付が終了しました

セキセイインコの様子がおかしいです。 約2日前までは発情期できゃあきゃあ叫んだり、人が近づくとすぐに駆け寄ったりしていたのですが、ぱったりと静かになりました。

セキセイインコの様子がおかしいです。 約2日前までは発情期できゃあきゃあ叫んだり、人が近づくとすぐに駆け寄ったりしていたのですが、ぱったりと静かになりました。 変わったことと言えば ・先日(約一か月前)動物病院に爪切りと健康診断に行ったときにはフンに異常はなし。でも38~39gは太ってるから、少し餌を減らす必要がある。と言われ餌の回数を減らしました。 ・昨日からずっと自分の足に吐きかけています ・今朝見たらフンが大きくなっていました 何かわかる人はいらっしゃいませんか。

鳥類260閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

回答(1件)

2

セキセイインコの餌の量は体重の約10%ですので、38~39gの子であれば3.8gから3.9gの餌ですが複数のインコを同じケージ内で飼っている場合は強い子が弱い子の分まで食べてしまったりするので、例えば35gの子と37gの子が一緒なら本来餌の量は7.2gですが、8~9gくらいは餌箱に入れてあげないとなりません。 餌の量を減らすのではなく、荒鳥でなければ放鳥の時間を多くしてあげて良く運動をさせてあげて、ダイエット用のシードとかペレットがありますので徐々にダイエット食に切り替えてあげれば問題ないと思います。 糞の量が増えたり吐き戻しの行動は雌であれば産卵する準備段階ですね、それも食と繋がっていて高カロリーのカナリアシード、オーツ麦、ニガシードが多く入っているシードを食べていれば発情しやすくなります。 私はジャンボセキセイインコとセキセイインコを17羽居ますが繁殖させたいのでオーツ麦、カナリアシード、粟玉、ニガシード、エゴマ、サフラワー等をブレンドさせて高カロリー食ですが、本来ならば1羽1羽のケージを用意してあげて、その子その子の糞の色や量、形でネクトンや乳酸菌などで体調管理をしてあげて太っている子にはダイエット食、痩せている子にはデブ活食と分けてあげる必要があります。

2人がナイス!しています