ドラムのテンポキープが苦手です。 吹奏楽部、中学生です。 調べたのですが多分、リズム音痴+クリック依存症が合わさってるのだと思います。 静かな個室でメト、楽器と自分と先生だけの

ドラムのテンポキープが苦手です。 吹奏楽部、中学生です。 調べたのですが多分、リズム音痴+クリック依存症が合わさってるのだと思います。 静かな個室でメト、楽器と自分と先生だけの 空間なら合わせられます。これは勘違いではなく先生も言ってます。 でも合奏や騒がしいメトの音が聞こえないところ、指揮だけの時はもうテンポキープどころじゃありません。しかも自分ではズレてることを自覚できないのかタチ悪いです…。 特に音を小さくするともうだめです、 なのにわたしの学校は吹部の人数が(全学年合わせて)10人程の為かなり小さくしないといけません。 どのような練習が効果的でしょうか。 メトを一定ではなく一日に何回も変える(72→80、120→60等…)方法も出てきたのですが、 部活は1人ではないのでメトの速さを自由には変えられません。 そもそもわたしは音で合わせてしまっているのでそれを改善しなければいけないと思います。1番は自分の中で一定のテンポを刻めるならそれがいいんですが…

ベストアンサー

1

あいうえおさん。 メトロノームも、合奏でまわりから聞こえてくる音も、先生の指揮も、実は根っこは同じです(本当) あなたはドラムを叩くとき、自分の中に「拍(ビート)」を持って(感じて)プレイしていますか? エイトビートを叩くとき、ただ手足を (1) HH:xxxx・xxxx SD:__●_・__●_ BD:●__●・●__● この様に動かすだけなく、まず自分の中にビートを持ってください。 (2) ビート:○_○_・○_○_ これに乗せてドラムを叩きます。 (3) ビート:○_○_・○_○_ HH:xxxx・xxxx SD:__●_・__●_ BD:●__●・●__● >そもそもわたしは音で合わせてしまっているのでそれを あなたが合わせるべきなのは、手足や楽器から出てくる音ではなく、あなたの持つ「ビート」です。 個人練習ではメトロノームと、 合奏ではまわりの演奏から感じられる拍と、 指揮者の振る指揮棒と、 あなたの持つビートをシンクロさせるのです。 ドラムの音ではありませんよ。 >1番は自分の中で一定のテンポを刻めるならそれがいいんですが… この様にあなた自身も、何となく原因が判っておられるようです。 (4) ビート:○_○_・○_○_(まずこれが第一) HH:xxxx・xxxx SD:__●_・__●_ BD:●__●・●__● メトロ_:ピ_ピ_・ピ_ピ_(個人練習の時) Band:○_○_・○_○_(合奏) 指揮:1_2_・3_4_(合奏) すべて同期、シンクロです。 AnsBy diddle

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

1

指揮者に合わせましょう。又ベースの音を聞く、ほかの楽器を聞くことだと思います。自分だけの世界で勝手に盛り上がって走っていませんか? あなたが主役ではありませんから、周囲に合わせるしかないでしょう。 メト? メトロノームですね。恥ずかしい短縮はやめましょう。あなたの村でしか通用しないでしょう。

1人がナイス!しています

1

リズム音痴ならクリックがあってもどうにもなりません。むしろクリックで混乱します。合奏中にクリック聴くのは指揮者とメンバー全体がその体(てい)で連携しない事には勧められません。どのみち本番ではクリック聴かないでしょう。 >特に音を小さくするともうだめです 細いスティックやロッドで叩いたらどうでしょう。あなたの音量コントロールに関する技術は置いといて直接的・物理的に音は小さくなります。というか、「小さな音」での練習はクリック使ってやってないんでしょうか。 >どのような練習が効果的でしょうか。 >自分ではズレてることを自覚できないのかタチ悪いです 他の皆さんが書いてるような練習も必要だと思いますけど、あえてクリック使わず練習したらどうですか。それを録画して確認する。「いつ、どんな時に、なぜ、どのように」ズレるのかをまず自覚したほうが良い。盲目的に練習したって何も解決しません。

1人がナイス!しています

1

合奏時に寸分違わずメトロノームに合わせながら演奏するのは至難の技です。メンバー全員がイヤモニを使うなどして十分な音量でメトロノームの音を聞くならともかく、人間がメトロノーム並の精度で演奏し続けるのは不可能です。(先生は、合奏時に聞こえないメトロノームを鳴らして、演奏終わったり音量小さくなったりして聞こえたら『メトロノームとズレてる』と指摘するのでしょうか?馬鹿馬鹿しい話です。) 大体、合奏でテンポがずれるのはドラムだけの責任ではありません。テンポキープはもちろん意識するとしても、もっと音楽的にというか、自分とメトロノームを合わせるのではなく、メンバー同士の息を合わせることの方が大事です。聞くべきなのは、メトロノームではなく周りの音(と自分の音)です。 個人練習では、テンポキープの力を磨く方法として、メトロノームを裏で聞くのが効果的です。 https://youtu.be/C2EAZKm8sl4 https://youtu.be/PszmjrDATM4

1人がナイス!しています