普通に歩いているだけの人にでも、ハチは刺しますか?

普通に歩いているだけの人にでも、ハチは刺しますか?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

縁側に座っているだけでも、刺します。 ただし、あしなが蜂。 蜜蜂は、座っているだけでは、刺しません。 山歩きの場合、すずめ蜂は 巣に近づいただけでも 刺します。 白い帽子、白い服などを着用して、眼を刺されないように気を付けてくださいね。 眼は黒いから、要注意です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

やっぱり蜂は嫌い。大嫌い。ありがとうございました。

お礼日時:7/29 6:10

その他の回答(10件)

0

本人が普通に歩いてる・・つもりでも、 蜂にとっては・・そうでない時も多いですね。 貴方が・・子育て中?の蜂だったら・・と考えましょう。

0

スズメバチは黒いものに敵意まる出しで攻撃してくるそうな。 なんでも、熊の黒い姿に反応するらしく、人でも黒い服や髪の毛、そして眼球なんかもロックオンしてくるんだとか・・・・

0

普通に歩いているだけの人にならハチは刺しません。

1

蜂と言っても物凄い数の種類に分類されますが... スズメバチ科のものと仮定して話しますのでご了承を。 蜂が人を刺す時の原因はいくつか ・巣が近くにあり、人がそれに気が付かず近づいてしまう=蜂には巣を襲いに来たと勘違いしてしまう。(秋などの女王蜂が巣立つシーズンは特に守ろうと攻撃的になる) ・餌を探しに行っている働き蜂にちょっかいを出した。 ・黒い服を来て比較的巣に近い場所を通る。(蜂には黒=熊というふうに認識しており、熊は昔から蜂の巣を襲い、蜂の子や『蜜蜂に限り蜂蜜』や働き蜂などを食べていた為、蜂も防衛手段として黒に敏感になったと考えられる。) おそらくこの様な理由になると思います。基本的に防衛本能が蜂が人を刺す原因だと思われます。 蜂は通り魔のような無差別に刺して行くことは無く、どちらかと言えば「最終兵器」に近いでしょう。 (蜂の針は相手に少しでも多くダメージを与える為、奥まで刺した針は蜂の腹から抜けやすくなり、敵の皮膚に針が刺さったままにして毒を継続的に注入していきます。 しかし、1度針が抜けてしまった個体はもう長生きすることは叶わず、通常の働き蜂より非常に短命になります。)

1人がナイス!しています

申し訳ありません。訂正です。 「どちらかと言えば「最終兵器」に近いでしょう。 (蜂の針は相手に少しでも多くダメージを与える為、奥まで刺した針は蜂の腹から抜けやすくなり、敵の皮膚に針が刺さったままにして毒を継続的に注入していきます。 しかし、1度針が抜けてしまった個体はもう長生きすることは叶わず、通常の働き蜂より非常に短命になります。)」 こちらの説明は蜜蜂の物でした。 スズメバチの針の構造は刺しても抜けやすく、再利用可能でした。

0

私の友人は神社の境内でただ休憩しているときにクマンバチに刺されました。 あまりの痛さに病院へ行ったら、二度と刺されないようにしてください、二度刺されたら死ぬ可能性が高くなるのでと言われたそうです。