回答受付が終了しました

土地は不要になってもを放棄できない、と聞いたことがあります。本当ですか?

土地は不要になってもを放棄できない、と聞いたことがあります。本当ですか? 例えば「管理できない、買い手もない、固定資産税を払いたくない」となっても、放棄の手続きはできないのですか。

土地45閲覧

回答(3件)

0

はい、質問者様の仰るとおりですね。 相続放棄はできても、土地の所有権放棄はできませんね。 放棄できないです。 ですので、ゴニョゴニョ、 などの問題も起きていますね。 素直に、お金を付けて、引き取ってもらうのが良いのですが。

0

まずはこういうところを読んでみては? https://sumaity.com/land_usage/press/237/ 「処分」と「放棄」は別の話で、処分なら具体的な方法はあるが、どれも当然のことながらその土地を引き取る相手がありきの話なので、貴方が「要らない」と思うものを「欲しい」という者が現れない限り実現はしない。 「放棄」に至っては方法自体が無いよね。相続放棄という道はあるけれど、たぶん貴方が想定しているパターンには当てはまらない。現金や活用性のある土地を相続する一方、要らない土地は放棄するなどという選択は出来ないし、そもそも相続放棄には期限があるからだ。 ただ、冒頭のリンク先を最後まで読むと書いてある様に、生産性の無い土地を相続取得することによってかかる相続人の負担は、長いこと問題視されていることから、将来的には放棄制度というものが整備される可能性はあるらしい。