教育学(の分野なのか正直よくわかりませんが)に於いて、教えた内容がどれだけ定着したのかと言う事を示す指標は何かありますか。

教育学(の分野なのか正直よくわかりませんが)に於いて、教えた内容がどれだけ定着したのかと言う事を示す指標は何かありますか。 例えば小学生に大学でやる研究レベルの量子力学を教えたところで其の定着率は極端に低くなり意味がないと思います。 又そんなに極端な話でなくても英語を教えるのか議論になったりして居ますが英語を教えても一部の人以外全く定着して居なかったらやはり其の妥当性が問われるのではないかと思います。 其処で、其れを全国の学力調査等で評価する際にどの程度の定着率があれば教育内容が妥当であると看做せるのでしょうか。 其の樣な研究若しくは研究分野があったら教えて下さい。

小・中学校、高校 | 一般教養19閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

「教育評価」という教育学のジャンルがあります。大学の教員養成課程で勉強すると思います。 どういうテストを作れば学習の効果・到達度や定着度をきちんと測定できるのか?などの問題を研究する分野です。 学習効果の指標については、「評価したい事柄」に合わせて指標を設定します。 というのも、ここで言う「評価」は、生徒の学習到達度を測ることと、教え方と内容の両方が含まれるからです。 学校のテストなどの「測定」や「評価」の目的は、生徒の学習到達度の測定と、教育方法・教育内容の「最適化」です。 「教育評価」の教科書的には、一般的に、教授→測定→評価→教授方法の見直しというプロセスで、教え方・教育内容の改善が行われるとされています。 ご参考までに