回答受付が終了しました

ここ20年くらいの異常気象って、地球温暖化があっというまに進んでるって事?((´・ω・`)福井で竜巻とか昔ありえなかった(´・ω・`)

ここ20年くらいの異常気象って、地球温暖化があっというまに進んでるって事?((´・ω・`)福井で竜巻とか昔ありえなかった(´・ω・`)

地球温暖化 | 政治、社会問題34閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(7件)

0

異常気象にも地球温暖化に関係あるものや、無関係のものいろいろあります。 一昨年の西日本豪雨については気象庁は地球温暖化との関連性についてあると言明しました。 梅雨の豪雨であっても、従来より短時間記録的豪雨の降水量の記録更新などが多かった理由は日本近海の海水温が上昇していると言う原因があり、これが近年の地球温暖化によるものと見ています 昨年の台風15号と台風19号はやはり海水温が上昇しているので、日本上陸まで勢力を落とさずにさらに上陸地点が関東地方に近いなど近年あまり見られない現象が起きています。このうち海水温が高いので勢力を落とさずに上陸したと言うのは温暖化の影響であると見られます 19号は東太平洋の大量の水蒸気を上陸してから日本の関東東北地方に大量に巻き込んで東日本各地に大量の雨を降らし各地の河川を氾濫させましたが全体としては温暖化の影響があると思われます。 各気象現象で異常気象と言われるものが温暖化が全て原因であると言うのは、気象学や観測事実が発達しているので過去の気象現象も良く研究すれば現在と照らし合わせて過去も異常気象があったと発見されたりもしているので異常気象全てが温暖化が原因とは言えません しかし異常気象と言われるような短時間記録的豪雨が続くとか、夏の高温の温度が高止まりして観測史上の記録を更新するようなものについて地球の平均気温が上昇し続けていると言う影響などがさらに経験したことがない様な過酷な気象災害につながる事があると思うのが妥当な見方です 特に夏の猛暑の最高気温の記録は殆ど近年に集中していますが、これを都市化によるヒートアイランドによるものだと言う説は明らかに意図的な誤りです。温度の観測記録は都市化の影響がない様な場所で記録され、ヒートアイランドによる温度の観測より、2、3度は低いものです。ワイドショーのレポーターが持っている温度計はいつももっと早く高い気温を報告しているのもそのためです。 このことからこれからさらに激しい気象災害が起きると言う事が予測されるのです

1

異常気象と地球温暖化は無関係です。 地球温暖化で異常気象が起こるという根拠は全くありません。 過去20年で異常気象が増えたという証拠もありません。 異常気象は偏西風の蛇行、エルニーニョ、ラニーニャ、北極振動によって起こるというのが、専門家の見解です。 「福井で竜巻とか昔ありえなかった」は事実と違います。竜巻は昔から日本で起きていました。 日本で竜巻は増えていません。 地表の暖気と上空の寒気の温度差が大きい時、強い上昇気流が起きて、巨大積乱雲が でき、その結果、竜巻が生じることがあります。 温暖化しただけでは竜巻は起きません。上空に冷たい寒気があり、地表との温度差が大きいことが竜巻の発生の必須条件です。

1人がナイス!しています

0

→ 竜巻?ですね?竜巻?というのも大気層内での渦巻き現象?大きな渦巻き?は、台風だとか、ハリケーンだとか? そういう渦巻き?ってのは昔の時代からえんえんんと続いてる自然現象じゃああ無いのかしらね?昔の時代だって起こって居たんでしょうね?ですよね?特別不思議なことにも思えないんですよ!時々は起こってるんでしょう?ね?

0

今の異常気象は海流の変化によるものです。 地球全体の平均で言えば地球は今寒冷化しつつあります。