ID非公開

2020/7/29 16:20

33回答

税理士試験の簿記論について質問です。日商簿記1級と並行して勉強しているのですが、簿記論はとても難しいです。日商簿記よりも問題の問われ方が難しく、商業簿記の深い範囲まで知識がいる感じがします。日商簿記の

税理士試験の簿記論について質問です。日商簿記1級と並行して勉強しているのですが、簿記論はとても難しいです。日商簿記よりも問題の問われ方が難しく、商業簿記の深い範囲まで知識がいる感じがします。日商簿記の テキストと簿記論の過去問を解いているのですが、簿記論の内容を理解するのが難しいです。範囲は被っているのですが、簿記論のテキストを一から解いて問題の問われ方や解き方になれた方がいいですか?よければ合格者の方教えて欲しいです。

資格97閲覧

ベストアンサー

1

日商簿記1級と簿記論両方持ってます。 経験から言いますと解けるだけ問題を解けです。 予想問題もですが過去問題も沢山解いた方がいいです。 特に過去問は出題傾向や出題のされ方を学ぶにはもってこいです。問題は違えど見たことある出題方法だと本番でも落ち着いて解けます。

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

私は、日商簿記1級合格できず、全経簿記上級合格、簿記論のみ合格しました。 個人的な意見として、税理士試験は基本的に専門学校が必要で、例外として日商簿記1級合格できていれば、簿財は独学合格の可能性が多少ある(ただ、財表は難しいい)と思っています。 なので、簿記論に関しては、専門学校のカリキュラムに沿ってやるだけです。インプットが終われば、答練等を重ねて、全体の結果・講師の総評で戦略(どういう問題を確実にとって、どういう問題を捨てる)を正していくというのを繰り返して、スピード・精度を高めていくのが、合格への近道ではないでしょうか。 前提として、独学なのですか?(質問文からして、そういう感じはします)だとすると、独学すべきでなかった、最低でも、答練は受けるべきだったと思います。 不明点等あれば、補足・追記してください。

ID非公開

質問者

2020/7/30 23:28

今は独学でしているのですが、来年から専門学校に行きたいと考えています。来年から社会人になり、働くため今はその準備のため専門学校に行けず独学で勉強をしています。約1年前から独学で日商簿記1級を勉強しており、過去問も5年分ほど3週ぐらい通したためある程度はわかるほどになってきています。全経簿記も視野に入れており、税理士の簿記論も受かりたいと考えてます。そこで、今簿記論の過去問を解いていて日商簿記よりも難しく感じて質問しました。簿記論は日商簿記よりも問題文がわかりにくい感じがします。そのため、問題の内容を読み取りにくくかんじます。これは簿記論の参考書で慣れることができるのですか?

1

質問の意図がちょっとわかりません。 簿記論が【ついで】に受験しているのか 日商1級が【ついで】に受験するのか。 ついでという表現が適切ではないかもしれませんが、 どちらが重きを置いているのでしょうか。 日商1級なら、簿記論をする必要性を感じませんし、 簿記論なら日商1級の必要性を感じません。 受験資格に日商1級をお考えで並行されているのであれば、 まずは1級に力を注ぐべきだと思いますね。

1人がナイス!しています