回答受付が終了しました

ID非公開

2020/7/29 18:24

22回答

今回の山形の豪雨災害ですが、最上川があちこちで氾濫したにもかかわらず源流が流れる米沢の最上川が他の川と比べて氾濫水位にならず、雨が止んだら直ぐに水位が下がって通常通りに戻ったのはどうしてですか?雨量は

今回の山形の豪雨災害ですが、最上川があちこちで氾濫したにもかかわらず源流が流れる米沢の最上川が他の川と比べて氾濫水位にならず、雨が止んだら直ぐに水位が下がって通常通りに戻ったのはどうしてですか?雨量は 米沢の隣の街にある高畠などと変わらなかったですが高畠の最上川の方が翌日までずっと氾濫注意水位でした。米沢の最上川上流は源流が流れる場所ですが、同じ雨量でも源流寄りだと氾濫しにくいのでしょうか?

気象、天気 | 災害57閲覧

回答(2件)

0

せっかくいい質問をするのにID 非公開とは情けない。中学生の質問かと思って回答します。 どんだけ雨が降っても、流れていけば洪水なんかは起きませんよ。また仮に同じ雨量でも上流よりその下流の方が洪水が起きやすい。簡単に言えば米沢では、米沢とその上流で売った雨しか流れません。米沢の下流の高畠では米沢で降った雨に高畠や周囲で降った雨が流れてくるんです。当然川の水量は違ってくる。 次に上流は標高差があるので川の水はどんどん流れる、下流へ行くほど標高差が亡くなり流れはゆっくりになる。そこへ上流からどんどん流れてくれば水は溢れます。 それに地図で見るとかなり蛇行していますね。北進していた川が南進し、また北進と。ただでさえ川の流れが遅くなるのにさらに流れを止めているようなもの。これでは洪水にならない方がおかしい。 googleで見ると中流域なのに、川の水面は下流並み、つまり土地と川の水面の高さの差がない。ほかの河川で言えば下流並みの標高差です。それでいて下流では川幅も広がっていますが、その川幅も少ない。大雨が降れば洪水になるのは目に見えている。 ついでに、私は球磨川沿いは納戸か通ったことがあるがおそらく最上川と同じような状況だと思いますね。川のすぐそばまで山が迫っており、しっかりした河岸段丘ができていない。川の水面と道路や居住地域との高低差があまりないなど。通った時に、大雨が降れば洪水になるだろうと予測していました。

0

米沢市では最上川の事を松川と呼んでいます。松川の源流は西吾妻山なので西吾妻山に降った雨量が少なかった為ではないのでしょうか。今回の大雨は飯豊連峰や奥羽山脈、山形県の東西の山々に大雨が降ったと想像されます。

ID非公開

質問者

2020/7/29 19:46

お答え頂きありがとうございます。ちなみに、去年の台風19号の時はまさに西吾妻山や置賜地域に大雨が降りました。その時も米沢は氾濫せず、同じ雨量にもかかわらずその隣町の高畠が氾濫したんです。雨量は同じでもなぜ隣町の川が氾濫したのかずっと疑問でして。。