ID非公開

2020/7/31 7:34

1010回答

小型限定普通二輪免許と原付2種の違いを教えてください。正式名称とかですか?

小型限定普通二輪免許と原付2種の違いを教えてください。正式名称とかですか? 原付2種と略されているだけなんでしょうか? よく分からないので教えてください。

運転免許 | 自動車136閲覧

ベストアンサー

1

原付2種は、 道路運送車両法上の車両の区分です。 この法律上のバイクの区分は以下になります。 区分なのでカテゴリーが明確にわかれています。 ①原付1種:~50cc ②原付2種:50~125cc ③軽2輪:125~250cc ④小型2輪:250cc~ 普通2輪小型限定免許は、 道路交通法におけるバイク免許の区分です。 エンジンの大きさを示す「排気量」で区分されますが、 以下のように「排気量○○ccまで乗れる」という 区分ですから、きっちり分かれる訳ではありません。 ⑤原付:~50cc ⑥普通2輪小型限定:~125cc ⑦普通2輪:~400cc ⑧大型2輪:制限無し いわゆる50~125ccのバイクは、 この2つのことなる区分で排気量の区分が まったく同じなので、 いろいろな呼称があるだけです。 原付2種 小型2輪 などなどです。 なので違うといえば違うのですが、 同じバイクを意味しているケースがほとんどです。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ありがとうございます! なんとなくですが、理解しました。 ちゃんと説明できる違いがありすぎてビックリしました。(笑)

お礼日時:8/2 11:38

その他の回答(9件)

1

根拠となる法律が違います。小型限定普通二輪免許というのは道路交通法上のもので,原付二種は道路運送車両法上の規定によるものです。 わかりにくところですが,運転できる範囲(免許)を定めたものが前者で,車体(排気量等)の区分について定めたものが後者です。 例えば,自動車税は,小型自動二輪免許に対して課されるものではなく,車体に対して課されるもので,この違いと思えばわかりやすくなったかな。

1人がナイス!しています

1

普通二輪免許小型限定は、免許証での区分。道路交通法で、警察庁の管轄。 原付二種(第二種原動機付自転車)は、車両登録での区分。道路運送車両法で、国土交通省の管轄。 なので違いは、省庁の部署とその規定となる法律での名称と区分の違い。簡単に言えば同じものを別の法律で区分していて、その言い方が法律によって違う。同じものをと思うかもしれないけども、これより上の排気量と免許証は区分も違ってくる。 それから車両登録には「小型二輪」ではないです。「小型二輪」は車両登録では、「250ccを超える車検のあるバイク」のことです(二輪の小型自動車の略)。原付二種の登録です。ちなみに軽二輪(125超~250)は、「二輪の軽自動車」の略。 逆に免許取りに行くときは「原付二種の免許」では通じません。書類もそういう書き方はしてない。こっちでの車両の言い方は「小型二輪車」です。

1人がナイス!しています

0

同じものです。 しかし、免許証制度上は、原付二種という言い方はしません。道路運送法上の区別のしかたです。道路交通法では、小型二輪とか免許では降ってる二輪小型限定です。