ID非公開

2020/7/31 8:47

44回答

博士課程の学生です. 論文のオーサーシップに関して質問です.あまり身の回りで大っぴらに相談できる内容でないので知恵袋にていくつか意見を聞きたいと考えて質問させていただきました.

博士課程の学生です. 論文のオーサーシップに関して質問です.あまり身の回りで大っぴらに相談できる内容でないので知恵袋にていくつか意見を聞きたいと考えて質問させていただきました. 現在,私が所属する研究室においてポスドクが論文を書いています. ただ,そのポスドクが取ったデータは論文全体の5%未満で,その論文のデータのほとんどが学生の取ったデータで構成されているので,彼が筆頭著者として論文を書くことに疑問を感じています. 流れを説明すると, ある博士課程の学生が進めていた研究で良いデータが取れたのですが,その人は卒業するタイミングだったので研究を完成させることができませんでした. その研究をさらに深めるため,ポスドクの一人が主体となってこの研究を引き継ぎ,数人の学生と手分けをして実験をすることになりました. 私たちの研究室では学生に指導係としてポスドクがつくので,論文化するにはこんなデータを取った方がいいなど,研究・実験のデザインに関する指示はポスドクが主にしています. 研究・実験を進めると,ポスドクが担当した実験だけはうまくいかなかったのですが,学生たちで手分けした実験では良いデータが出たので,学生が取得したデータをまとめて一つの論文にするということになりました(数人の学生は全員が平等な実験・データ量を持っている.一人1つのFigureを担当しているイメージ). いよいよデータが揃いだしてきたところで,そのポスドクが学生から実験データを集めだし,論文の草稿・グラフなどの作成を始めてしまいました. ほぼ完成形まで仕上げてしまったので,今更この問題について切り出すことが難しいというのが現状です. まとめると, ・ポスドクが主体となって卒業生の研究を引き継ぎ,研究や実験のデザインに対して主体的におこない,複数人で分担してデータを取った. ・しかし,ポスドクだけ論文に使えるデータが取れず,論文中のデータのほぼすべてが大学院生のデータで構成されている. ・論文の構成は複数人の実験を合体させた形をとっている.そのため,大学院生は一人1つのFigureを担当している感じなので,この研究が誰の研究とはっきりした形はとっていない. という現状です. オーサーシップの条件として,国際医学雑誌編集者会議(ICMJE)には 1.研究のコンセプトやデザインの設定、またはデータの取得・分析・解釈に大きく寄与した 2.論文の重要な知見となる部分を執筆またはレビューした 3.投稿する論文に最終的な承認を与えた 4.研究の責任を負うことに同意した と書かれています. 特に1番目に最も貢献した人間が筆頭著者になるべきだと個人的に考えています. このポスドクは研究を引き継ぎ,こういう論文にしたいなどの意見を主体的に出しているので,全体の研究・実験コンセプトやデザインの設定に関しては,大きく寄与しているといえます.ただし,学生もそれぞれの実験の中で研究・実験デザインに関与しています. 一方,データ取得・分析には大きく寄与しているのは学生であり,ポスドクはほとんど寄与できていません. 解釈などは寄与していると言えますが,当然学生も寄与しているので,全員が同程度に貢献していると考えています. 私にはこのポスドクが学生から実験データを吸い上げ,論文化し,自分の業績にしているように映るのですが,このような状況の場合,ポスドクが論文を書くべきなのでしょうか. 個人的には学生のなかの誰かが筆頭著者として書くべきだと考えています. 詳しく書きすぎると身バレしそうなのでこれ以上は説明できませんが,わかる範囲でご意見伺えれば幸いです. よろしくお願いいたします.

大学院48閲覧

ベストアンサー

0

yam********さん が既にご回答のように,第一著者を誰に するかは,その研究室や分野に依りますから定説はありません。 僕も,学生を第一にしたり,自分を第一にしたり,投稿先とその 学生の就職状況も考えていろいろやってます。例えば,まだ先が ありそうな研究の中間的な発表を国内学会論文集に出す場合は, そしてその学生が修士や博士課程にいれば学生を第一にしますが, 僕自身の計算結果を足して共同研究者とさらに複雑なケースの 結果も含めたものを英文で出すときには自分かその共同研究者が 筆頭になっています。 でも,隣の研究室の教授は,すべての論文の第一がその教授です。 人事委員会(教授会)で,某分野の先生があまりにも「第一著者」 を連呼するので,ある分野(確か物理学のある分野)の先生が, 自分の分野のトップ論文集の著者欄はABC順だから,そんな ことは意味が無いと怒ったことがありましたねぇ。 ご質問の件は問題はありません。もしお嫌なら,すべてをご自分で やって論文も単独で出せばいいだけのことです。それができない ポスドクの方が問題ですね。僕は自分が学生のときから温めていた テーマで自分で計算した論文は単著です。かつての指導教員も 含めずに・・・論文を出す人の裁量で決めて構わないものです。 きっとそれができないポスドク(本当はオーバードクターで しょうか,ポスドクは別にちゃんとした職を持っているはずな ので)を助けるために,その研究室の教授が,その方の就職が 決まるまでの支援をしているのかもしれません。あまり意味は 無いですけどねぇ。 ただ,学生が労働者だとは思っていません。大事な研究スタッフ の一員です。これは僕の指導教員からの受け売りです。そしてその 学生だって,民間企業に就職したら技術報告者を書きます。また 学会で,現場を通した研究発表もします(僕の所属学会ではそういう 部門がある)。そのうち社会人博士号を取るかもしれません。 ですから,学生の貢献と発案(ちょっとしたひらめき)がある 場合等,筆頭にできるときはできるだけしています。ただ, これも研究室なり執筆者の自由です。 場合によっては,謝辞にしか学生の名前が無い場合もありますよ。 それでもまだいい方でしょ。いろんないきさつでご支援くださっ た著名な先生(個人的に交流がある)からもいろいろな示唆を もらってましたが,著者ではなく謝辞に書いたこともあります。

ID非公開

質問者

2020/7/31 20:43

ご回答ありがとうございます. >すべてをご自分でやって論文も単独で出せばいいだけのこと その通りだと痛感いたしました. >本当はオーバードクターでしょうか 今回言及しているポスドクは間違いなくポストドクターなのですが,その人がそれまでやってきたプロジェクトの研究はうまくいっておらず諦めていて,学生がいいデータ残して卒業したのをいいことに,研究を乗り換えた姿を見ているので余計に不満を感じているというのもあります. ご意見参考にさせていただきます.

その他の回答(3件)

0

大体状況が想像できます。かなりの有名かつビッグラボなのででょう。研究を開始する時点で何らかの取り組めはしてなかったのですか?不満があるなら話し合いの機会を持って最終的にはラボヘッドが最終判断を下すしかないですね。私が教授なら少なくとも院生はequal contributionにするよう指示すると思います。あるいは論文を分割するか。

場合によってはポスドクをthird以下にして、そのかわり教授とco-corresponding authorとするよう指示するかもしれません。ラボヘッドと相談ですね。

0

筆頭者に原則はあなたが挙げた学会の基準が一般的と思います。しかし その適用 解釈は多岐に分かれます。あなたの例でいうとポスドクではなく研究室主任教授が行ったとします。その場合は問題にする人はいないでしょう。 次にデータ作成の手順 です。00の実験をしてくださいと指令して学生が行ったばあい それは「単純労働」ともいえるでしょう。アンケートの配布 回収 入力など教授が行うことはまずありません。理系でも単純実験は学生がする場合が多いです。 そのデータをもとにポスドクが論文執筆したのなら普通はその人が筆頭に来ます。学生は共同執筆に入るだけです

ID非公開

質問者

2020/7/31 20:44

ご回答ありがとうございます. 今後の参考にさせていただきます.

1

まず前提としてファーストオーサーに誰が来るのかというのは、分野によって異なります。なかには、姓のアルファベット順のところもあります。そのため、一概には言えません。 そのうえで、お話を読む限りにおいては、そのポスドクの方がファーストに来る以外にはなく、その方が論文を書くべきとしか言えません。。学生はただの単純労働者にすぎないためです。 1.研究のコンセプトやデザインの設定=ポスドク またはデータの取得=複数の学生 ・分析・解釈に大きく寄与した=ポスドク 2.論文の重要な知見となる部分を執筆またはレビューした=ポスドク 3.投稿する論文に最終的な承認を与えた=研究室の教授? 4.研究の責任を負うことに同意した=ポスドク? ですので、むしろ学生の名前が書かれてあるとおかしく映ります。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/7/31 20:28

ご回答ありがとうございます. 実際,研究に関わっている人間から見ると少し不服だと感じても,第三者から見ればこの状況ではポスドクが論文を書くのが妥当なんだな,と感じました... 今後の参考にさせていただきます.