回答受付が終了しました

ID非公開

2020/7/31 10:56

33回答

舞妓さんのお着物について。

舞妓さんのお着物について。 お見世出しの前の挨拶回りの時に着てらっしゃるお着物の種類はなんという物になりますか? 袖が長めのやつです…。 こういうお着物は仕立ててもらわないとですよね? また帯は何帯なのでしょうか?(丸帯、袋帯のどちらかでしょうか?) お写真お借りしました。

画像

1人が共感しています

回答(3件)

0

お店出しの翌日の挨拶まわりですね。 この日だけは、舞妓の引き摺りの着物を普通の着物の長さになるよう着付けるのですよ。 写真は店出し前、半だらの時に、質問主さんが掲示したのと同じ着物でお座敷をこなす舞妓さんです。

画像

ID非公開

質問者

2020/7/31 21:15

回答ありがとうございます! 謎が解けました!なんで歩いてる時は普通の着物なのにお座敷の時はお引き摺りなんだろってずっと疑問だったんです! このお着物可愛くて好きです!! 振袖よりはお袖が短くてかわいいです(*´˘`*) お勉強になりました!ありがとうございました!

0

帯は表裏とも同じ生地で仕立ててあるので丸帯、着物は袖を長めに仕立てた小紋です。 仕立て上がって売っている振袖以外の着物は49㎝の袖丈になっていることが多いですが、反物から誂えるときは45㎝程度から70㎝前後まで身長や年齢、着る場面によって袖丈の長さを変えられます。 舞妓さんなので子供の着物ということで袖丈60㎝くらいに仕立ててあるようですね。 (大人の着物でも若い人や晴れ着などは袖を長めに仕立てることもあります) 袖丈76㎝(約2尺)くらいから2尺袖、小振袖と呼ばれる袖丈になります。 こちらは最近では袴に合わせることが多いですね。 戦前の着物などは袖丈60㎝以上のものも多いですし、リサイクル着物などを見ていると偶に袖丈の長いものが出てきますので、探せば見つかると思いますが、気に入った柄でというとお仕立てした方が早いと思います。

ID非公開

質問者

2020/7/31 11:54

詳しく回答ありがとうございます!! コロナが落ち着いたらリサイクルショップ回ってみたいと思います!! 反物も探してみます!! ありがとうございました!!

1

振袖 丸帯

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/7/31 11:07

回答ありがとうごさいます! 振袖よりは袖が短いように見えるのですが…短めの振袖って事でしょうか? 丸帯ですね!ありがとうごさいます!