ID非公開

2020/8/1 13:34

55回答

仕事辞めて中国留学、どう思われますか? 長文すみません、経験者の方のお話が聞きたいです。 アラサーの社会人女です。 コロナが落ち着いたら、1年間中国留学したいと調べています。中国

仕事辞めて中国留学、どう思われますか? 長文すみません、経験者の方のお話が聞きたいです。 アラサーの社会人女です。 コロナが落ち着いたら、1年間中国留学したいと調べています。中国 語は勉強開始したばかりで全然喋れません。どうにかなるでしょうか…英語は何とか話せます。 実際行けるとして1〜2年後で(その頃には三十路になっているので年齢的な不安もありますが…)それまでに資金を貯めて、中国語を勉強しようと思っています。仕事は中国や中国語とは無関係ですし、低スペックで給料も低いですが、一応専門職なので最悪選ばなければ再就職はできると希望的な予測をしてます。 ①場所についてですが、寒いの苦手なのと食事重視(辛みや酸味も苦手)で北京やハルビンではなく南方に近いところで考えてます。ちなみに北京しか行ったことがないです。自然災害がなるべく少ない地域がいいのですが、オススメはありますか? ②費用についてです。私の目的は、日常会話レベル以上の修得、中国人や文化に触れる(料理体験なども行きたい)、休暇を利用し中国本土を旅する(歴史的名所)、です。 1人部屋は譲れないのと旅行費用もいれると1年で200万では厳しいですか? ③貯金や語学学習以外に準備事項はありますか? ④経験上のアドバイスやご意見などありましたら是非教えて下さい。 社会人の中国留学についてブログ等も少なく情報が限られているので何でも助かります。 大変長くなってすみませんがよろしくお願いします。

留学、ホームステイ | 海外生活106閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

①沿岸部の大都会なら特に問題はないでしょう。 ただ、南部だと今でも日常の会話は広東語が主流らしいので、上海くらいにしておいた方がいいのかも。 ホントの普通話を身につけたいならやはり北方です。 上海あたりでも、北京あたりの普通話とは結構異なります。 それと治安のいい中国ですが、南の方は比較的治安が良くないと言われています。 ※私は中国語があまりしゃべれない上海在住者ですので、参考程度に聞いておいてください。 ②200万。 知恵袋の質問者のほとんどが単位を書かないのですが、人民元じゃなくて日本円ですよね。 200万元だったら豪遊できますが、円だと現レートで約125,000元。月1万元くらい。 日用品、食費だけなら余裕ですが、アパート代、授業料までとなるとちょいと厳しいかも。 私の場合、日用品、食費で月約5,000元(酒、たばこ、女やらず)。 切り詰めて3,000元? アパートは日本人がそこそこまともにと思うと、月5,000元くらいが最低ではないかと思います、物価の高い上海では。 寮とかあるのかな。 ③とても大事なことですがVISA取得。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ありがとうございました。 前向きに考えたいと思います。助かりました。

お礼日時:8/7 18:09

その他の回答(4件)

0

①深圳、広州(広東省) または中国ではないですが台湾(台北・台中) 日本と同じくらい安全です。 ②150万円あれば可能 上を見ればきりがない ③ありません ④https://twitter.com/Shohei192 語学留学なら台湾の師範大学とかが外国人に対しての中国語コースを設置してます。 ビザは取りやすいです。そのまま就職する人も居ました。

0

私は西安を中心に中国には10数年住んでいました。 特に西安は休日のたびに有名人の墓や史跡を見学して有意義に過ごせたと思っています。冬は寒いですけど。 暖かい地域で見どころが多いのは武漢、杭州辺りでしょうね。 言葉は覚悟があれば覚えます。 普通に生活するだけなら知っている単語を並べるだけでなんとかなるので、友人を増やしながら徐々に覚えて行くのが良いと思います。要するに学校で学ぶより実践で鍛えた方が早いと言う事です。 部屋にいるときはずっとテレビをつけていると良いです。

0

語学は学習した方が良いです。留学するなら33歳位までが良いでしょう。

2

中国であれば決してお勧めはできません。 https://www.fnn.jp/articles/-/678 北海道大学の教授の場合は、中国社会科学院からの招待で訪中しています。そういう人でも、ある日突然、確たる理由説明もなく公安当局に拘束されます。そして、「釈放」を日本政府との何らかの交渉材料にされることになります(日本の政権政府に不要な迷惑をかけることになる。)。 そういう現状を十分御承知の上で、それでも是が非でもとお考えならば「どうぞご自由に!」と申し上げます。日本という国はそういう「自由」が保障されている国ですので(中国とは違い)。

2人がナイス!しています