中国王朝の親王、群王、王について教えてください。

中国王朝の親王、群王、王について教えてください。

日本史 | 中国史18閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

王の称号は、皇帝の子供たちに与えた爵位です。 最初は、漢の高祖が、子供たちに戦国時代の国号を冠した王号を与えました。魏王とか斉王とか。 国号を冠した王位に対して、郡名を冠した爵位もありました。母の身分が低い皇子や孫の代の皇子の称号ですが、これが郡王です。郡より下の県名を冠した爵位もあります。 時代が下がって、後漢末に、有力臣下である曹操が、魏王の称号を賜ります。その後、司馬昭が晋王を得て、臣下でも王の称号を得るのが常態化していきます。 清朝時代には、皇子の爵位は、女真族特有の爵位名なっていきます。 それを漢字で書くと 和碩親王(ホショイ・チン・ワン) 世子(スィズ、親王の嗣子) 多羅郡王(ドロイ・ギュン・ワン) 長子(ジャンズ、郡王の嗣子) 多羅貝勒(ドロイ・ベイレ) 固山貝子(グサイ・ベイセ) という序列になっていきます。爵位は、世襲ではなく、子の代には一段低い称号になります。