[長文]ベナンとロシアは世界中の人が抱えるステレオタイプを破壊した国ですよね?双方とも2004年に世界中が抱えるステレオタイプを破壊した。

[長文]ベナンとロシアは世界中の人が抱えるステレオタイプを破壊した国ですよね?双方とも2004年に世界中が抱えるステレオタイプを破壊した。 世界中が抱えるステレオタイプ。「不遇な家庭環境の者は性格が悪く野蛮でグレて犯罪者またはいじめっ子になる。幸せな家庭環境の者は心優しい人格者で高学歴でまともな人になる。」 ベナン。 1988年11月14日。 女は公務員(高校教師)の父親と 専業主婦の間に生まれた。 女は公務員と専業主婦の子供と言う幸せな家庭環境で育ったのにも関わらず日常的にダウン症の女の子へイジメを繰り返してた。(歩道から車道に突き落とす) そして2004年3月。 女は15歳の時、20歳の脳性麻痺男性を 川に突き落とし殺害。 女の父親は極度の男尊女卑であり 障害者差別主義者だった。 ロシア。 1985年8月26日。 男性は生まれた。 男性は3歳の頃から祖父母に育てられた。 (父親が身体障害者だった) 男性は祖父母に育てられてるという不遇な家庭環境だったのにも関わらず一切グレなかった。むしろ心優しくて穏やかで真面目だった。 彼は2004年9月のベスラン学校占拠事件にて 6歳のいとこと、 そばにいた見ず知らずの小学生姉妹を庇い落命。 ほら!見てごらんよ! 女は公務員と専業主婦の間に生まれた子供と言う幸せな家庭環境のくせにイジメとか殺人を起こしたし 男性は祖父母に育てられてるとかいう不遇な家庭環境のくせに心優しくてなおかつ人を救って落命したじゃん! ほら!! ☆注意 ベナンの女はデザイナーを目指していたが 父親に「女のくせに働きたいとほざくならモントリオール(理工科大学虐殺)で亡くなった女たちのように死ね!」と暴言を吐かれた。 ロシアの男性は祖父母に物凄く愛されてた。 ベスラン学校占拠事件では 334名が亡くなっている。

補足

ロシアとベナン以外で、幸せな家庭環境育ちの犯罪者や不遇な家庭環境育ちの心優しい男性っていてる?いないでしょう?!

生き方、人生相談 | 政治、社会問題18閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100