軽の自動車税が極端に安いのは国策ですか?

軽の自動車税が極端に安いのは国策ですか? 普通乗用車から軽バン4ナンバー「N-BOX」に乗り換えると1/5~1/7と優遇されている 「なぜ軽規格660ccが日本の運命を左右するのだろうか」 1、海外メーカーが軽規格の低価格車を作るのは困難で韓国 中国製ですら市場に見当たらない 2、国内販売の4割を占めるのが軽規格車で「関税撤廃」でも国内自動車産業は何とか生き残れる 車の排気量は1200ccが最適と言われる中 ‘車の足かせ‘‘規格には歯が立たない さすがの中国ですら家電の様に太刀打ちが出来ないですね

補足

軽自動車で割り切ると得する事が余りにも多い 1、「 軽自動車に乗っているいる人はみんな同じ人」 車から階級社会を排除した気軽さはどんな洗濯機を買っても同じに見える、どんな軽を買っても優劣を感じさせない 2、 「99%の使用域で満足できる車は合理的」 わずか1%あるかの200km走行の為のオーバースペックのエンジン、空力特性の為のペシャンコの車体は何倍も 価格が高く生活に使うにはほど遠い存在だった 60km実用域走行に絞った軽の車体は天井が高く最大の容量を持ち、660㏄小排気量ながら高回転で馬力を稼ぎ、かつ目的地までの到着 時間に大差が出ない優れもの 3、 「自動車税は現役の普通乗用車と比較して」 現役の軽バン4ナンバーは4000円と10倍の差を付けた「非関税障壁」 の国策の恩恵そのもので、車庫証明も不要 外国に食われない目的である「非関税障壁」の軽規格がある以上、税の縛りも緩くなる その恩恵に預かる人も多い

自動車 | 株と経済41閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

0

毎年自動車税が架かるのは日本くらいじゃないかな? 世界一の自動車市場の中国ではありませんよ! 米国もゼロです。 もう50年以上前の税金です。 1950年に制定された税金です。 撤廃がよろしいかと・・・www

>>毎年自動車税が架かるのは日本くらいじゃないかな?<< 自動車族議員に取って こんな美味しい収入は他に無いし、多くは道路工事費に流れて行く それに加えてガソリン税、高速道路収入も莫大な利権 軽自動車規格の現行4ナンバー車の自動車税は たったの4000円で普通車40000円の1/10と タダ同然の車で車検も2年 こうなると貧乏人で無くて普通の人ですら、660㏄規格の車に乗らざる得ない事になる こんな凄い 「非関税障壁」 の為に軽自動車は存在している 外車の保有率が 10%程度の国も、日本だけで無いの 米作と軽規格は保護貿易の極だった 外圧で廃止される日も近いカモね

ThanksImg質問者からのお礼コメント

国内産業保護の為、非課税障壁の為にある軽自動車規格はもう古い それ以上の車に乗るやつはたっぷりと税金を取ってやるぞだって

お礼日時:8/10 19:46

その他の回答(5件)

0

軽四は過疎地対策です。 人が住む限り交通手段は必要で バスや電車を整備するより 軽自動車の税金安くするのが得策 本来軽四の4ナンバーは過疎地の足ですが 目的からそれた使い方(都市部近郊で人気)など 問題になっていると言えばなってますね。 しかしそれくらい良いのではと思いますけど

都会は中間所得層が多いせいか、ドイツ車の割合が多い 外車に乗らないと一人前の男と見なされないのか 中々大変なようである その点田舎の軽自動車はみんな横並びで優劣がなくて道具としても使いやすい 東南アジアで皆原付にのっているのと同じ

0

1:インドのタタモーターが過去に20万円台の超低価格車出してるし、現在はスズキがアルトをベースに800ccエンジン積んで43万5000円MTのみがインドで人気ですよ! 2:軽自動車は国内優遇規格なので、今の御時世安定してますね! 世界的市場があれば中国やアメリカも参戦したかと思うが、そもそも軽自動車は狭い日本だから成立する車です。 アメリカや中国は大陸間移動距離も半端なく、軽自動車のスペックでは不足するからです。 中国は現在都市部でEV車が普及しまくってますから、日本の様に少排気量ガソリン車を開発する理由がありません! 太刀打ち出来ないのではなく、普及しないのが分かっているからです。 むしろ電気自動車では日本が後進国です。

>>>軽自動車は国内優遇規格なので、今の御時世安定してますね!<< もし軽自動車規格の非関税障壁が撤廃されたら いつまでも「660㏄エンジンの車」に国民は乗り続けるだろうか メーカーも自由に生産出来るとしたら 国民車はエンジン効率の良い1000cc~1200cc当たりに落ち着くだろうね 今までの軽自動車販売数だった4割がコンパクトカーに回れば 価格も安定するだろうし、国民もちょっぴり豊かになる 今時、インド以下の‘足かせ車‘でガマンしながらの独占企業体制もきついだろうね 非関税障壁とは面白い文化だ

0

諸外国のメーカは軽自動車で勝負するわけも無く太刀打ちできないのでは無い。 お子様は理解できないのでしょうが、企業は儲けるために企業活動をしてる。 軽自動車1台での利益は少額だから、まるで興味が無いのだよ。 トヨタがレクサスブランドを作り、日産がインフィニティブランドを立ち上げたのは車を高く売るため。 企業は1円でも高く売って儲ける事が重要なのです。 お子様はそのうちにバイトを始めるかも知れないけど、仕事が大して変わらないのに時給1000円と1500円ではどっちを選ぶ? 問題が難しいかな?

0

〉さすがの中国ですら家電の様に太刀打ちが出来ないですね 家電は世界中、同じような規格でOK 日本の軽自動車規格は日本だけのガラパゴス規格 作っても日本という狭い市場でしか売れない だから世界中のカーメーカーが参入してこない

>>>日本の軽自動車規格は日本だけのガラパゴス規格<< なぜ日本政府は 自動車税を軽自動車規格だけ優遇しているのか 自動車産業を保護する目的の為の‘足かせ規格‘‘「非関税障壁」は絶対に崩せないのだろう 車の価格はトン数に比例すると言われているから 同じ900㎏のコンパクトカーと軽自動車では価格に大差が無い 貿易の為の、‘足かせ規格‘‘は無駄のようで無駄でない ‘足かせ規格‘‘「非関税障壁」とは面白い文化だ

0

軽自動車の成り立ちは国民に車を普及させる目的で制度を国主導で行われました。この制度が出来たらのが昭和のころなので現在では意味を果たしていない制度ですね。

>>>現在では意味を果たしていない制度ですね。<< では、なぜ撤廃しないのでしょうか やはり、米作と同じで 軽自動車規格の‘車の足かせ規格‘‘により国内産業を保護するのが 最大の目的で絶対に外せないからだろう