ポビドンヨードのうがい薬を使ったら、コロナの患者が減るのでしょうか? それとも、今の所は全く科学的根拠も国の承認も無い、悪質なデマでしょうか?

ポビドンヨードのうがい薬を使ったら、コロナの患者が減るのでしょうか? それとも、今の所は全く科学的根拠も国の承認も無い、悪質なデマでしょうか?

画像

ベストアンサー

1

少なくても厚生省は認めていません・・・とんだ勇み足かと。 これで、転売ヤーが出現するんだから政治家としては、ふさわしくない。 自分が英雄気取りしている・・・まあ、メーカーの株価あげるんで気を付けよう。

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

いまコロナに感染している人が、ポピドンヨードのうがい薬でうがいをしても治療の効果はないと思います。でも、ポピドンヨードのうがい薬で、日々うがいをすれば予防には繋がると思います。ただ、ポピドンヨードの殺菌力は強力なので、過剰に使用すると、口内を荒らしてしまうかもしれません。私は、普通の(ポピドンヨードじゃない)うがい薬でも、予防はできると思います。

0

ボビドンヨードのうがい薬だと思う。吉村知事が 言う、そのずーと前、4月7日に緊急事態が宣言 された以降、歯医者さんに歯の治療に行くと 青い液体のうがい薬を使って下さいと言われた。 30秒間、口でぐちゅぐちゅやって、ゆすが ないでくださいと言われた。これって、コロナ 対策ですか? と聞くと、そうだと言う。 歯医者さんでは、ずーっと前から、コロナ 対策でボビドンヨードのうがい薬を使って いたのだ。舌にぴりぴりした刺激がある。 このうがい薬は吉村知事の発言で薬局で入手 できなくなったと、歯科医師は怒っている。

0

先程、この研究をしたお医者さんがTVで説明していましたが、新型コロナの増え方のひとつとして、舌の細胞に寄生してウィルスを増産し、再び舌の表面にウィルスを放出することで、唾液などを通して健康な細胞や他人への感染を広げていくそうです。 なので、殺菌効果のあるうがい薬で舌の表面を殺菌することで、重症化を防いだり、他人への感染を抑える事が期待できるそうです。 予防というよりも、すでに感染している無症状患者に効果が期待できるみたいですね。 個人的に思ったのですが、舌の表面にいるウィルスを殺菌する事が目的なら、普通の歯磨き粉をつけた歯ブラシで舌の表面を優しく掃除する事でも効果が期待できるのではないかと思いました。 ウィルスは界面活性剤(歯磨き粉などの洗浄成分)で死んでしまいますからね。 1日に4回、舌の表面を殺菌することで、感染拡大防止が期待できるそうです。 あと、新型コロナへの効果は検証されていませんが、通常のインフルエンザや風邪ウィルスには、『緑茶うがい』が効果的だそうです。 私は、数年前に健康番組で『緑茶うがい』の検証効果を見てから、緑茶でうがいするようになりました。 https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200430-00010000-fbox-life&s=lost_points&o=desc&t=t&p=3

なので、殺菌効果のあるうがい薬で舌の表面を殺菌することで、重症化を防いだり、他人への感染を抑える事が期待できるそうです。 ↑ 現時点では、あくまでも仮説ですよね。 真実なのかもしれませんが、少なくとも日本の厚生労働省は効果を認めていないですし、その点はハッキリ言ってましたからね。