お盆が近づき、お坊さんへのお礼について質問です。 お布施とは別にお茶の詰合せを差し上げようと思いますが、 熨斗の表書きで悩んでいます。

お盆が近づき、お坊さんへのお礼について質問です。 お布施とは別にお茶の詰合せを差し上げようと思いますが、 熨斗の表書きで悩んでいます。 この場合、お礼の品物の表書きはどのように書けばよいでしょうか? 宜しくお願いいたします。

葬儀356閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

熨斗の表書きは「御礼」で宜しいのではないでしょうか。 合掌 寺の住職より。

ご回答、ありがとうございます。 簡単明瞭、シンプルな考えで 納得いたしました。 ここでもう一つ質問させてください。 熨斗は、お盆なんで仏熨斗でしょうか? それともお礼なんで祝熨斗でしょうか? 初歩的な質問で、申し訳ありません。 宜しくお願いいたします。

その他の回答(1件)

0

熨斗紙の表書きは元は目録です ですからそのお茶が何のためかで決まってきます 本堂に・御本尊様にお供えくださいとかならば『御供』で その旨を伝えればいいのですし ご住職にという場合 夏にお中元・年末にお歳暮をお寺に渡す人もいます まあお中元は時期が本州だともう遅いですけど・・ その場合は『お中元・お歳暮』です その他に私の祖母がよく使っていたのは『上』です 祖母曰くお寺さんなどには良くわからない微妙な時は 『上』をつかっておけば お寺さんが勝手に判断するという ものでした 『上』とは神社・寺などに捧げものという意味です しかし手土産であればお布施が袋に入っているので 別に包装だけでも問題はないかと思います

とても詳しくご丁寧な回答、ありがとうございます。 いろんな場合の説明をいただきましたので 今後の参考にさせていただきます。 ありがとうございました。