回答受付が終了しました

「思考の整理学」がベストセラーになった英文学者でお茶の水女子大名誉教授の外山滋比古(とやま・しげひこ)さんが7月30日、胆管がんで死去したそうですが、皆さんはどう思いますか?

話題の人物 | 大学14閲覧

回答(2件)

0

『思考の整理学』は1983年に刊行されて以来、 30年以上も売れ続けている。 累計で124刷・発行部数253万3400部の大ベストセラーの本だ。 英文学者で お茶の水女子大名誉教授の 外山滋比古さん、 この本だけで すげーお金を稼いだね。 通帳の預金残高は 余裕で億を超えてるはずだ。 この人の遺産はどうなるのかな?

0

96才だったので老衰なのかと思いましたが、胆管がんだったのですね。 英文学ではお世話になったので、心からご冥福をお祈りしたいと思います。