泉佐野市市民会館事件とは?

泉佐野市市民会館事件とは?

法律相談10閲覧

ベストアンサー

0

泉佐野市が、市民会館で関空反対決起集会を開催すれば、賛成派の外宣車等が押し掛けて、市民の生活に支障を生ずるとの理由で、当該集会の開催を不許可とした事件。この事案において、集会の自由の重要性と市民生活の安全等とを考量して判断すべきとした。なお、同判断は、およそ1年後の上尾市福祉会館事件でも踏襲されている。また、当該判例は、いわゆる「二重の基準論」にいうところの、精神的自由権が経済的自由権より保護されるべきことに、判例として初めて言及したものでもある(これまでは、経済的自由の側面からのみ判示されていたに過ぎない。)。