ID非公開

2020/8/7 8:12

11回答

旦那が濃い味が好きすぎます。

旦那が濃い味が好きすぎます。 回転寿司に行けば、マグロやサーモンなんでも 甘だれドバドバかけます。 おかずも濃いめの味のおかずじゃないと 今日薄いな~と言います。 (塩控えめ、和食、出汁の味など) せっかく作ったのに嬉しくなさそうに 食べられると悲しいです。 身体の事も考えて減塩しないととは 思ってるのですが、徐々に慣らしていけば いいのでしょうか?

ベストアンサー

0

元々濃い味で育たれたのでは? 舌に刺激が欲しいとみました。 参考になれば… 生姜やミョウガ、濃いダシ等、辛さだったり旨味だったりをしっかり感じられれば、それで案外満足するようなことはないかな、と。 実は私がそうなんです。 子供の頃から塩味が異常なほど好きで、梅干しや塩の塊をガリガリ食べるほど、塩っ辛いものが大好きで、それが今でも変わらないんですが、 炊き込みご飯や味噌汁に生姜をしっかり効かせたり、冷奴にミョウガのみじん切りと鰹節をかけたり、つくねに青じそをたっぷり入れたりすることで、塩の辛さより、薬味やダシの“濃い味”を求めるように変わったんです。 ダシも、濃く出したり、料理に竹輪を入れたりして、素材から引き出したり。 ミョウガは、もう見ると飛びつきます。 お味噌汁にしても最高! あっ… そういうことじゃないのかもしれませんね…

薄味は、逆にうちの親が、ある時から異常なほどの薄味で料理を作るようになり、それが嫌で嫌でたまらなかったのですが、案外それがよかったのかも、と思っています。 味噌汁も「お吸い物??」と思うような味噌汁。お吸い物は「ワカメの浮かんだ白湯?」でしたが、そこから一気に濃い味にするのは、なんだか怖さと罪悪感があり、少しずつ濃くしていったのですが、その過程で「美味しい」レベルを知れたように思います。 塩の塊のように、ただ「からい!」の刺激ではなく、旨味を感じる濃さといいますか。 下の細胞って、結構早いサイクルで生まれ変わっているようですから、変われると思います!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご丁寧にありがとうございます!(;_;) 薬味たっぷりにピンときましたので、試してみます! 補足も拝見しました!薄味から徐々に(^^)ですね!

お礼日時:8/7 8:41