回答受付が終了しました

編み物系YouTuber一部の方の著作権問題は何故ここまで大事になってしまったのでしょうか、編み方だったり収納についてまでも…昔から既にある技法を真似だの何だの言われたら何も出来なくなると

編み物系YouTuber一部の方の著作権問題は何故ここまで大事になってしまったのでしょうか、編み方だったり収納についてまでも…昔から既にある技法を真似だの何だの言われたら何も出来なくなると 思いまして。 自分でも調べているのですが少し手間取っているのでもし良ければ教えていただけると幸いです

手芸 | 収納205閲覧

回答(1件)

1

そもそもが、編み物、編み図には著作権は発生しない、という判例があるそうなので、調べるならそこらへんから、どうでしょう。 違う話になってしまうかもしれませんが、インターネットで誰でも手軽にホームページが作れるようになった頃に、「オリジナル小説で設定や登場人物の名前が被った場合、先に発表した側に著作権が発生するのだから、後から発表した側は、先に発表した側から指摘されたら、取り下げなければならない」という主張を始めたグループがありました。 結構本気で、ネット上で一大勢力のようになっていたようですが、ある時、「法的な根拠を持って活動を広げたい」と考えたようで、本職の方、つまり著作権などを扱う弁護士さんに相談したそうです。 結果は、 「人類創世、文明発祥以来、世界中で同時多発的に似たような話が作り出され、交流もないのに各地に語り継がれているものも多数確認されている。 それはなぜか? 人間の活動や、感情の動きは似ている。 同じではなくても考えたことが同じ、作った話がたまたま同じというのは良くあること。 後から発表したというのが明白であっても、それが剽窃だと証明出来るのか? 大多数は出来ない。 逆に告発、法的な措置をとろうとした側が、根拠なく誹謗中傷した、と訴えられるケースも充分考えられる。 利益を億の単位で侵害されている、などのことがなければ、そういう活動自体がリスキーだし、常識的に考えてもあり得ない。 やめておきなさい。」 みたいに諭されたそうです。 同じような感じがしますね。

1人がナイス!しています